« 本物のスター | トップページ | 私、なりたかったの? »

2006年11月 8日 (水)

辞めないで下さい

私は頭の形があまり良くないと思う。

鉢がはっていて、てっぺんが何となく凹んでいる。

 

あ、今、右隣の私の写真の頭見たでしょ(-_-)。

 

かわいいハート型なのだ。

  

だから、出来れば、尼さんの役は来ない方がいいなと、

密かに思っている。

頭は、極力、丸めたくない。

例えば、三蔵法師とか。

 

もし三蔵法師の頭がハート型だったら、

説得力無いもの。

 

悟空はきっと、しかられていても、

目を見ずに、ハートな頭ばかり見てしまうに違いない。

 

 

あまり、よろしくないわ。

 

 

私も、高校の時の生活指導の先生が、

おでこに大きなこぶがあったの。

怒られているとき、

先生は、頭をぶつけた訳ではなく、生まれつきのものだし、

いけない、いけないと思いながら、

やっぱり大きなこぶを見てしまって、

「お前は、いったい、どこを見ているんだ?」

って、余計に怒られたもの。

 

 

本当に、そんなことはどうでもいいんだけどね。

 

 

6年も、同じ美容師さんに髪を切ってもらっているんだけど、

その美容師さんから、

「お店を辞めました。」

と葉書が来たの。

 

私は、遭難した気分だった。

 

いい歳をして、軽く人見知りな私は、

美容師さんとお話をするのが苦手だ。

 

むこうも、お仕事だし、

コミュニケーションをとるためにも話さなければいけないのだろうけど、

必要なこと以外は、だまって仕事をする、

職人気質な美容師さんで、私は充分なの。

 

まず、知らない美容師さんに頭を触られると、

 

「あ、今、私の頭、ハート型だって思ったでしょ。」

とか思ってしまうんだ。

 

そして、美容師さんは、

やっぱり、髪を痛めることを勧めない。

 

そりゃぁ、私も一応女ですから、

髪は綺麗でいたいよ。

 

だけど、どうしようもない時があるの。役で。

 

パーマかけろったら、かけて欲しいんだよ!!!

この歳で金髪にしろったら、して欲しいんだよ!!!

どんなに傷んでようがさ!!!

 

さらに、新しい美容師さんて、あれもイヤ。

注文。

 

「えびちゃんにして下さい。」とか、

「長谷川京子にして下さい。」とか、

それはそれで、注文出来るのも、勇者だと思うけど、

 

私らも、

「フランスの片田舎の少女みたいにして下さい。」とか、

「50年代の黒人みたいにしてください。」とか、

戦時中の女学生みたいに。」

とか注文するのに、どれだけ勇気がいることか・・・。

 

 

 

  

ごめん・・・泣いたりして

 

そんなもろもろの煩わしいことも、

6年も同じ美容師さんだから恐くなかったんだよ。

なかったんだよぅ il||li _| ̄|○ il||li

行けばさ、

「今度は何ですか?。」

なんて、奇妙な注文を楽しんでくれる関係を作るまでに、

やっとなれたのにさ。

 

あの人だったから、

あの人だったから、

「戦時中の女学生にして下さい。」なんて、

美容院でマックス on  the  眉毛のおっかぱヅラかぶって、

ヅラをカットしてもらえたんだよ。

 

 

ばぁさん、わしを一人にせんでくれよ・・・。

 

 

あぁ、今なら、

長年連れ添った妻に先立たれたおじいさんの役も出来そう。

来るわけ無いけどっ。

 

 

そんなことも言ってられないので、

友達に、美容院を紹介してもらった。

そこは、若くカワイイ、今時の美容師さん達でいっぱいだった。

 

私が紹介してもらった村田さんは、

可愛くて、とっても親切で、1回で好きになった。

 

 

だけど、この人は、この中で、

もし私がおかっぱヅラをかぶったら、

切ってくれるんだろうか・・・。

それだけが不安だった。

 

 

 

|

« 本物のスター | トップページ | 私、なりたかったの? »

コメント

以前は髪を切るときは必ず地元の決まった床屋さんに帰ってました。
最後には気に入ろうが気に入るまいが。
そこには(よく見るけど)チャンピオンがいるんです。
アイパーチャンピオン・シャンプーチャンピオン・髭剃りチャンピオン・・・etc。

髭剃りチャンピオンが辞めたとき、行くのをやめました。
だって気持ち良かったから。

投稿: 泡波 | 2006年11月 8日 (水) 23時45分

私も美容院苦手だ。いるよな。無駄口たたくヤツとかな。
「いいから黙って切れよ」と思うもん。
それにしても、千代ちゃんのおかっぱは本当によくできてたと思うよ。
いい仕事する人だったのにねぇ…。惜しい人を亡くしたねぇ…。

投稿: 姉。 | 2006年11月 9日 (木) 15時34分

 それでその美容師さんは別のお店に行ったんでしょうか? それとも廃業?

 いっそのこと「あなたが居ないとこの先やっていけません」って返信出してみるとか。専属美容師さんになってもらうの。無理?

投稿: くろはた | 2006年11月 9日 (木) 20時00分

>泡波さん。

『髪は女の命』だと、よく言います。
私はやっぱり、シャンプーがとんでもなく下手だろうと、髭ソリが下手だろうと、カットがうまければ、その美容師さんを選びます。(あ、髭はそりませんけど。)

先日、『サザエさん』の題名は、『髭は男のロマン』でした。
そういうことなのでしょうか。

投稿: りん>泡波さん | 2006年11月 9日 (木) 20時53分

>姉。

あ、お姉ちゃんは、まるっきり喋りたくない派だね。
私は、チョロチョロ慣れたらお話も楽しいよ。
ただ、雑誌に集中したいオーラとか、メールしなきゃいけないオーラとか、芝居の事考えたいのオーラを、敏感に察してくれる、空気の読める美容師さんだと仲良くなれるんだ。まぁ、人と人の微妙な関係は、難しいし、なんでもそうだよね(^-^)。

投稿: りん>姉。 | 2006年11月 9日 (木) 21時01分

>くろはたさん。

そこなんですがね。
多分、結婚の準備っぽいんですよね。
ここ何年か、そんな雰囲気だったので・・・。
「またいつか、違う形で復帰するときは、よろしくお願いします。」的な文章でした。
・・・そこを、すがりつくのも・・・大人気なく・・・グッとこらえつつ、愚痴った始末です。
村田さんに期待します(^o^)/。

投稿: りん>くろはたさん | 2006年11月 9日 (木) 21時09分

>姉。

そうそう、『ちよヅラ』ね。
あれは私もかなりのお気に入り。
違う舞台では、他の役者に貸したりして、結構大活躍なんだ。
さすが姉。
お目が高い(・_・)。

それから・・・亡くすって・・・、死んだみたいじゃないかよ。

投稿: りん>姉。 | 2006年11月 9日 (木) 21時17分

髪?  ロマン!ロマン!超~ロマン!!
超~とか言っちゃったけど、ロマン。

はげ散らかす前にロマンを取り戻せぇぇ~ぇ・・・。

投稿: 泡波 | 2006年11月 9日 (木) 22時37分

あ、髭ね。ん~・・・ロマンかなぁ?
波平にとっては大事な毛髪だね。

投稿: 泡波 | 2006年11月 9日 (木) 22時53分

>泡波さん。

あ、そういうことなんですか(-"-;)?

投稿: りん>泡波さん | 2006年11月 9日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本物のスター | トップページ | 私、なりたかったの? »