« 短い間でしたが | トップページ | 適性検査 »

2007年6月24日 (日)

先輩として

「パンフレットを買うと、

出演者の握手会に参加でき、

写真も一緒に撮れまぁす!!。」

 

 

 

「へぇー。

どうする?。

恵ちゃん(斉藤恵子)。」

 

 

「並びます。」

 

 

「うん。

せっかくだからね。

って、うわっ!!!∑(゜Д゜ノ)ノ !

すごい列だね。

階段まで続いてるよ。」

 

 

「凄いですね(^_^;)。」

 

 

「・・・・・・かか、帰るか。」

 

 

「・・・ですね。」

 

  

 

 

私達は、観劇の後、

歌舞伎町の街を駅に向かった。

 

 

 

恵ちゃんは気付いていない。

アルタの信号待ちをしている私の後ろ髪が、

まだ劇場の階段から

ズルズル引きずっていることに。

  

 

 

だって、言えないじゃない?。

 

 

「イヤだ、イヤだ~・゚゚・(/□\*)・゚゚・わ~ん 。

どうしても婿役の人と握手するんだー。」

 

  

と言って、

寝転がり、足をバタバタさせる。

とかさ。

 

  

 

こうして私は、

歌舞伎町を歩く人々に、

引きずった後ろ髪を踏まれながらも、

先輩としての威厳を守ったのだ。

 

 

 

 

 

威厳があったらの話しだけどね。

 

 

|

« 短い間でしたが | トップページ | 適性検査 »

コメント

凛さんこんにちは( ^ - ^ )/
威厳があったかなかったかは知りませんが、あった場合このブログを
けいちゃんが読めば、「親密さ」が「威厳」にとって代わるでしょう。

>「イヤだ、イヤだ~・゚゚・(/□\*)・゚゚・わ~ん 。
どうしても婿役の人と握手するんだー。」と言って、寝転がり、足をバタバタさせる。
絵に描いたような駄々っ子だ…。それを凛さんがやったら凄くインパクトあるでしょうね( ^ - ^ )

ちなみに、僕がM座のイベントで同じ事言われたら握手会と写真の為に何冊パンフレットを買って何時間並ぶか…分かりません( ^ - ^ ;)

投稿: がーくん | 2007年6月24日 (日) 13時32分

>がーくん
 
さすがに恵ちゃんの前では、寝転がって足をバタバタしたりしませんが、和美や由香の前で私がバタバタしてるのは、よく見ていると思うので、威厳は無いと思います。
 
M座では、並ばなくても、みんな声をかければ、きっと写真も握手もすぐしてくれると思いますよ(^_^)。

投稿: りん>がーくん | 2007年6月24日 (日) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短い間でしたが | トップページ | 適性検査 »