« 不思議なラヴ・ストーリー2 | トップページ | 不思議なラヴ・ストーリー最後 »

2007年6月 7日 (木)

不思議なラヴ・ストーリー3

私達は、役者だけど、

ダブルキャストなので、

出てないときは、演奏をしていた。

 

 

ここが、この公演のポイントね。

 

 

演奏する役ではなく、

ミュージシャンを使わず、

自分たちで演奏する。

40、数曲のミュージカルの音楽を。

 

 

結局、アンケートなんかには、

結構酷いこと書かれたりしたけど、

私達は胸を張っている。

 

お客様には、

そんなこと全く関係ないことだし、

¥6000ていうお金を払っていただいてるんだの、

酷いモノは、やっぱり酷いと感じるだろう。

 

 

 

 

・・・あの、

ごめんなさい。

 

 

 

だけど、

ここを通過しなければ、

次にはいけなかったに違いないんだもの。

 

 

 

ハマナカ氏は言った。

 

「このカンパニーのメンバーは、

弱音を吐かない軍人タイプの役者を選んだ。」

と。

 

 

 

私達は、うなった。

 

「う~ん。

確かに吐いてない。

 

 

 

 

すげー吐きたいけど。」

 

 

 

 

私達は、知らない音楽用語に口を開け、

白目をむき、

高度な技術を要求されるたび、

何度もこの言葉を飲み込んだ。

 

 

 

「私達、

ミュージシャンじゃないんです(>_<)。」

 

 

 

幾度も襲ってくるそんな追い詰められた状況に、

この言葉がメンバーの口からポロッとこぼれた。

とてもちいさな声だったけど、

全員が泣きそうに反応した。

 

「あーーーーー(゚ロ゚;ノ)ノ!!。

言った(゚ロ゚;ノ)ノ!!。

言った(゚ロ゚;ノ)ノ!!。

その言葉言った(゚ロ゚;ノ)ノ!!。

あーーーーーー(゚ロ゚;ノ)ノ!!。」

 

そんな時も私達は一つになっていった。

 

 

 

 

メンバー全員にニックネームが付いていた(はずだ)。

 

・リーダーはジェーン(梅沢明恵)

映画「GIジェーン」から来ている。スットイックな感じが最も軍人ぽい。

 

・パーミー(佐野信輔)

役のためにパーマをかけたからだ。20は上に見える。

 

・ゴロー(尾花宏行)

野口五郎に似ているからだ。この人がニックネームを考えている。

 

・プクプー(福地洋子)

名前から来ている。本人凄く気に入っていた。

 

・フランキー(西利里子)

もちろん、リリー・フランキーからに決まっている。

 

・ヤマネ(山根三和)

つけたっけかなー。ずっとヤマネって呼んでたな。

 

・チカ(藤澤知佳)

つけなかった気がするなー。思い出せない。

 

・ウィンナー(青島凛)

りんりんランランソーセージ→ウィンナーなんだそうだ。

意味も分からないし、どうでもいい。

 

 

以上8名のメンバーである。

 

 

演奏だけかと思いきや、

劇場入りしてから、

演奏の合間に芝居して良い。

というので、好き勝手に暴れた。

 

 

飛んだり跳ねたり、動きすぎて、

演奏中、音楽監督から紙が回ってきた。

 

「早めに座って楽器を温めろ。」

「息が上がるから飛ぶな。」

 

などの注意が。

 

 

 

ふ。

 

 

 

 

私が演じるアイリーンの衣裳が、

ショートパンツに決まったとき、

演出家から、

「足にアザを作ったりしないように。」

と言われ、静かに生活を送った。

千秋楽に私の足にいっぱいあったアザは、

演奏の時に出来たモノだと思われる。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←今日も押してね。

 

 

|

« 不思議なラヴ・ストーリー2 | トップページ | 不思議なラヴ・ストーリー最後 »

コメント

>飛んだり跳ねたり、動きすぎ

 飛んでた、飛んでた。跳ねてた、跳ねてた。
 演奏の楽日は手すりに顔を乗っけてブラーンとしたりして、自由な演出だなぁと思っていたら、本当に自由でしたか。

 席が前過ぎてサックスのお二人の顔しか見えなかったけれど、山根さんの格好良いドラムも見られたし、眼鏡っ娘な西さんも見られたり。


>足にいっぱいあったアザ

 あった、あった (^^;
 段違い平行棒からでも落ちたのかと思いました。

投稿: くろはた | 2007年6月 8日 (金) 11時18分

>くろはたさん
 
はい。
自由でした。
怒られたら止めよう。
くらい思ってたんですけど、
何にも言わないんで、
心配になって聞いたんです。
「やり過ぎ・・・ですよね?。」
って。
そしたら。
「いえ。どんどんやって下さい。」
と言うので、お言葉に甘えました。
 
いいんです。
基本的に演奏者達は全部見えなくても。
ジョージの頭の中なんですから。
 
でも、まじで、山根かっこよかったですね。
凄いです。
人って、何でもやる気になれば出来ちゃうんですね。
私もよく、山根を惚れ惚れしながら見てました。
 
まぁ、段違い平行棒に座ってましたからね。

投稿: りん>くろはたさん | 2007年6月 8日 (金) 19時26分

凛さん」こんばんわ( ^ ^ )
僕も席が前で、しかも舞台の階段側の端っこ過ぎて、山根さんは全く見えず、利里子さんも楽譜にお顔が隠れて見えませんでした。でも凛さんの演奏はバッチリ見えました!
パーミー、プクプー、フランキー…パーミーこと佐野さんは千秋楽で観た時、「誰?このおじさんは?」と思いました。プロフィールと違い過ぎてて同一人物と思われません( ^ ^ ; )
「リンリンランランソーセージ!」は分かっても、
「♪リンリンランラン留園~リンリンランラン留園、留園行って 幸せ食べよう♪」を知っている人はあまりいないのでしょうか?

投稿: がーくん | 2007年6月 8日 (金) 21時29分

>がーくん
 
こんばんはー。
パーミーは、宣材写真を変えるべきですね。
息子さんの写真かと思いますね。
 
そう、今回の舞台は、後ろの方が良い席だったみたいですね。
好きずきだとは思いますけど。
 
てか、
その「りんりんランラン~」私も知らないんですけど(^_^;)。

投稿: りん>がーくん | 2007年6月 9日 (土) 10時53分

Σ Σ Σ( ゚ д ゚ lll )ガーン
そうですよね、何しろ1970年代半ばに関東ローカルで流れていた中華レストランのCMなんで30代半ば以上の人でなければ分からないでしょう( ^ ^ ; )
「帰宅」にこられる方はどなたもご存知ないのでしょうか?だとすると僕が一番オッサンということに。・゚・( ノ Д ` )・゚・。

投稿: がーくん | 2007年6月 9日 (土) 11時51分

>がーくん
 
いや、そんなことは無いと思いますよ。
もっと年配の方もいらっしゃるし、
外見は、佐野君の方が上に見えますよ。
 
そんなこと聞いてないですね。

投稿: りん>がーくん | 2007年6月 9日 (土) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議なラヴ・ストーリー2 | トップページ | 不思議なラヴ・ストーリー最後 »