« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

同じ光景

由香(村上じゃない)が結婚して仙台に行っちゃうっていうんで、

みんなで集まった。

 

 

 

ああ~、

笑い死にするかと思った。

 

 

 

高校の頃の友達ほど、

メチャメチャで、

パワフルで、

自由で、

おかしな人達を、

私は知らない。

 

 

 

みんなは家が近いから、

タクシーで帰ったけど、

一人、

劇団のある遠くの土地に住んでいる私は、

昔みたいに、

あずの家に泊めてもらうことにした。

 

 

 

遅くなると、

よく泊めてもらったものだ。

 

 

 

あずの部屋で着替えていると、

お母さんが顔を出した。

 

 

 

「こんばんは。

夜中にごめんなさい。」

 

 

 

あの頃と何もかも同じ光景。

ただ、

綺麗なお母さんの頭が白くなっていただけだった。

 

 

 

| | コメント (2)

2008年1月30日 (水)

待っててね

『DRARION』なんか観たりして、

帰り道は、

斜めがけにした、

キャラメル味のバケツのポップコーンを食べながら、

表参道を、ぺろんぺろんで歩いた。

 

 

  

 

 

 

 

電車で3つ乗り越しちゃったけど、

まだ電車あるからさ、

おりこうで待っててね。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

私のリュン

 

朝っぱらから、リュン大げんかをして家を出た。

見送りにも来てくれなかったから、

レッスンが終わって、

お昼休みに帰ったら、

何事もなかったみたいに出迎えて、

キスしてくれた。

 

 

おかげで、

お昼ご飯食べ損なったけどよ。

 

 

 

この家は、

人が凄く出入りする。

 

 

大抵が、

リュンに会いに。

 

 

私の大好きなゆみちゃんが、

リュンに会いに、

初めて私の家に来た。

そこに恵子もやってきて、

「あ。

マルちゃんだ!。」

と言って、喜んでいた。

 

 

 

それは見ていて、

素敵な光景だった。

 

 

 

リュンには私を幸せにする、

凄いパワーがあるのだ。 

 

 

| | コメント (8)

2008年1月27日 (日)

お願い

今日ね、

リュン3回目のワクチンを打ってきたの。

 

  

リュンの病院は、

検便も無料でやってくれるから、

小さな入れ物に入れた、

取れたてのリュンのうんちをポッケに入れて、

病院に向かったの。

 

 

 

今、

何か事件に巻き込まれて、

取り調べとかされたらどうしよう。

なんて、

ちょっとドキドキしながらね。

わかるかしら。

ポッケにうんちって、

結構スリリングな感じよ。

 

  

  

これで、もう、お風呂も入れるし、

離乳食も徐々にドライフードにしていくんだったさ。

まだ仔猫だけど、

なんだか少し、肩の荷が下りた感じ。

私、このちっちゃい命を、

うっかり、死なせてしまうんじゃないかって、

ホントはすっごい不安だったんだ。 

 

 

先生の、

「大きくなったね。」

の言葉に、ちょっと、嬉しくて、

白目むいちゃった。

 

 

ふふっ。

 

 

一つ、気がかりなのは、

看護婦さんの、

「アビシニアンは、大きくなると、

きついネコになる子が多いからね~。」

って言葉。

 

 

 

そうなの~(屮゜Д゜)屮 ?

 

  

リュンには、

そんな影も見えないわ。

 

 

 

優しくて、

健康な子に育ってね。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2008年1月25日 (金)

演劇ブログ

 

言っておくけど、

コレは、『ネコブログ』ではない。 

 

 

青島凛の演劇な毎日を綴った、

熱い演劇日記である。

 

 

 

 

 

 

ブホっ。 

 

 

  

 

『トラブルショー』観に来てね。

カテゴリーの『今後の青島さん』に、

『トラブルショー』の詳細が載ってます。

チッケットのお申し込み、お待ちしています。

 

| | コメント (8)

2008年1月24日 (木)

完全装備

すっぴん率が高いのね。

レッスンで、どうせバケツの水をかぶったみたいになるし。

お買い物とかでも平気。

周りが平気かは置いておいてね。

 

 

でも、

すっぴんで行ってはいけない場所がある。

  

 

美容院だ。

 

  

あそこだけは、

すっぴんでいっちゃあなんねぇ。

あそこだけは。

 

 

注文するとき、

弱気になるじゃん。

雑誌とか見て、

「コレにしてください。」って言えなくなるじゃん。

明るい照明の中、鏡と何時間か向かい合うじゃん。

あれは、

自分と向き合う時間と言っても良いぐらいだ。

 

 

 

で、

パーマネントとか、あててごらんなさいよ。あなた。

ロットでまかれて、

タオルを子守みたいにまかれて、

こころなしか困った顔にされて。

 

 

戦える?。

戦えるの?。

そんな自分と向き合えるの?。

何時間も。

 

 

 

無理!!。 

 

 

 

 

美容院は、

完璧なメイクで臨むべきだと思う。

 

 

 

だから私、

用意された席に着いて、

鏡を見た瞬間言ったの。

 

  

 

「すみません。

眉毛を描かせて下さい。

・・・忘れました。」

 

  

 

全体的に、

中途半端なんだよな。

私な。

 

 

 

| | コメント (2)

2008年1月22日 (火)

共に大きくなってはいけない

 

毎日リュンを見てるから、

まぁ、うすうすそうかな。とは思っていたけど、

リュンは、

ビックリするほど大きくなってるんだそうだ。

 

 

私は毎日私だから、

わかっているようでわかっていないこともいっぱいあって、

人に聞かれて初めて、

あ。私、こんな事考えているんだ。

みたいに気付いたり、

あ。私、こんな風に変化しているんだ。

なんて、思ったり。

 

 

ビックリしちゃうね。

全く。

 

 

目に見えないこともアレだけど、

目に見えることは、

見えちゃうわけだから、

もっとちゃんと見た方がいいんじゃないかな。

私。

 

 

 

公演1ヶ月前ですよ。

4キロ太ってますよ。

私も大きくなってどうする。

 

 

| | コメント (6)

2008年1月21日 (月)

残念ね

ショートカットにしたかったけど、

私の中で、『ジュリアーナ』は、

かなり髪が長いので、

今回はやめておいた。

 

 

私ぐらい髪が長いと、

5㎝ぐらい切ったところで、

誰も気付かなかったりする。

 

 

 

私ぐらい髪が丈夫だと、

パーマのかかり具合いが悪くて、

気付いてもらえないどころか、

タチの悪い寝ぐせみたいに言われる。

 

 

 

かけ直しー。

残念ね。

 

 

 

で、

あんた、

ホントはかわいいのにね。

残念ね。

| | コメント (4)

2008年1月16日 (水)

トレンド

なななんと、

次の日、

恵子がフードウサギのおじさんにあったらしい。

 

  

 

もう一羽入っているカゴも、

上着も、ウサギの色も、

全く同じ。

 

 

それともアレか?。

 

 

流行ってんのか?。

 

 

いっぱいいんのか?。

 

   

 

でね、

言っておくけど、

マジで、

私がやらせてるわけじゃないんだよ。

 

  

 

この人、勝手にやってんの。

ホントなんだから。

 

 

 

 

この、

三平師匠。

| | コメント (10)

2008年1月13日 (日)

アクシデントですか?

まぁ、

慣れてるっちゃ、慣れてるんだけど、

昨日も、レッスンお休みなのに、

恵比寿まで行っちゃったし。

 

 

やるね。

私。

 

 

都会に出たついでに、

お買い物したんだよ。

 

 

でね、

電車で、

私の前に立っている男性の上着のフードに、

 

 

 

ウサギが入ってる。

  

 

 

ウサギ。

 

  

 

ウサギとウナギだったら、

どっちがビックリする?。

 

 

ウナギだよね。

 

 

でも、

ウサギもビックリしたの。

  

  

うーん。

2分ぐらい見てたけど、

やっぱり生きてるウサギだ。

 

  

 

しかも、えれーでかい。

 

 

 

なぜ、

こんな所に。

 

 

  

ウサギが鼻をひくひくするから、

そりゃあ、私だってしないわけにはいかないし、

ひくひく、ひくひく、ひくひく、ひくひく、するじゃん。

 

 

と、その男性が振り向いた。

 

 

 

ひくひくしている私と目が合う。

 

 

 

この人、

私が匂いを嗅いでいるとでも、

勘違いしてやいないだろうか。

ふと、不安になる。

 

 

まぁ、9割、

ウサギをかまわれることに慣れていて、

「またか。」

と思っているだろうけど、

   

 

もしもだよ、

もしも万が一、

このフードのウサギは、

この男性が飼っているウサギではなく、

何らかのアクシデントでここに入ってしまったとしたら、

この男性は、

ウサギの存在を知らず、

振り向けば、

自分の襟足近くで、

鼻をひくひくさせている女は、

ただの変態に映りはしないだろうか。

 

 

  

「写メ撮らせてください。」

と、言いたいぐらいだったけど、

断られるのが恐くてやめた。

さらに変態度がUPするから。

 

 

 

で、

やめて下さい。

 

 

 

やーめーて下さい。

 

 

それ、昨日買ったばかりなんです。

やめて下さい。

  

  

| | コメント (12)

2008年1月 9日 (水)

よりによって

私は、

風邪もひかなきゃ、

インフルエンザにもならない自信があるの。

まぁ、

なったとしても、すぐ治るに決まっているしね。

 

 

 

リュンは風邪をひいた。

仔猫のうちは、体温調節が出来ないらしいので、

24時間、暖房を付けっぱなしにしてるんだけど、

暖かな日に、

暖房を消して出掛けたのがいけなかったのかしら・・・。

こんなケチんぼな私を許して。リュン。

 

 

 

で、病院に行ったら風邪薬をくれた。

 

 

 

この薬ってのが、

針のない注射器みたいので飲ませてあげるんだけどね、

すんごい、嫌がるの。

治してあげようと思ってんのに、

まるで私が、

虐待でもしているかのように嫌がるの。

 

 

で、

1個あるから要らないっ」て言ったのに、

「何度も洗うと、目盛りが消えるから、

注射器を何本か持って行け。」

って、先生が。

 

  

 

この先生、すごく良い先生。

 

 

  

 

ハイチュウを買ったのよ。

コンビニで。

 

 

でさ、

お財布出すとき、

レジに、

注射器をばらまいちゃったのね。

 

 

 

 

 

私、

悪いことなんか何~にもしてないのに。

不思議ね。

 

「やばい!!」

って思ったのね。

なぜか、

言い訳しようとしちゃったのね。

しなきゃいけない気がしたのね。

 

 

 

そしたら、

「ふあっ、ちゅちゅっ注射器がっ。」

 

 

 

なんて、

どもっちゃったりしてね。

 

 

 

どう、これ。

 

 

 

どうなのよ、これ。

 

 

私、

どう思われたのかしら。

 

 

「違うんです。

猫が風邪をひいて、

薬を飲ませるのに使う注射器なんです!。

違うんです。」

 

 

とか、言えば良かったの?。

 

 

 

それもなんか、

アレじゃない?。

 

 

だいたい、

聞かれてないしね。

注射器の事なんかね。

 

 

何が、違うんですって、話しよね。

 

 

  

そんな私の苦労も知らず、

お前は私の顔を踏んでいくのか。

 

 

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

しつけ2

 

 

『甘噛み』

 

 

 

何とも言えない響きだ。

 

  

 

『甘噛み』

 

 

 

無意味にもう一度言いたくなる。

 

 

  

 

リュンは、

この『甘噛み』ってのをよくする。

でも、最近は少し大きくなって、

『甘噛み』レベルじゃねぇ。

甘くない。

 

 

病院でも、

「甘噛みは怒ってください。」

と言っていたので、

そうすることにした。

 

  

一人で育った子は、

どのくらいの力で噛んだら、

どのくらい痛いのかがわからないって聞いたことがあるから、

どのくらい痛いのか、

教えてやる戦法に出た。

 

  

   

  

噛まれたので、噛んだ。

 

あ、言っておくけど、

台詞の話しをしているわけではない。

噛まれたから噛んだら、

凄い舞台になってしまうからねっ。

  

 

 

噛むと、

仕返しに鼻を噛まれた。

 

  

ので、

噛んでやった。

 

  

すると、

鼻を噛まれた。

 

 

ので、

噛んでやった。

 

  

すると、

鼻を噛まれた。

 

 

ので、

鼻をk「そういうの、プロレスで見たことある。チョップで。」

と、言われた。

 

 

  

 

プ、プロレス!?。

プププ、プロレス!?

『しつけ』って言うのよっ。

これはっ。

 

   

| | コメント (4)

2008年1月 5日 (土)

裏か表か

「今年の目標はさ、」

   

 

と、由香が突然口を開く。

 

 

「うん。」

 

 

「私、知らず知らずのうちに小指が立ってるのね。」

 

 

「うん。」

 

 

「それを直そうと思って。」

 

 

「・・・・・・・・・・・うん。」

 

 

 

 

 

 

私は次の言葉を待ったが、

次は無かった。

 

 

 

  

この言葉の裏には、

何か重大な秘密が隠されているんだろうか。

それとも、このまんまなんだろうか。

 

 

 

 

私は、

叫びたい気分だった。

 

 

| | コメント (8)

2008年1月 4日 (金)

しつけ

「顔ぶたないで!

私、女優なんだから!」

 

と、『Wの悲劇』で、薬師丸ひろ子は言った。

 

 

 

「顔はやめなよ。

ボディー、ボディー。」

と、『金八先生』で、三原じゅん子は言った。

 

 

 

な。

顔はいけないんだよ。

 

 

 

この間も言ったけどな、

顔だけはやめてくれ。

顔はひっかかないでくれ。

こう見えてもな、

私は女優なんだ。

な。

 

 

 

と、リュンに言ったけど、

 

 

 

真夜中にテレビでやっていた映画の、

夏目雅子があまりに綺麗で、

これが女優と言うならば、

私なんかは、

女優ではないな。

と、思い直す。

 

 

 

リュン。

いくらでもひっかきなさい。

 

| | コメント (2)

2008年1月 3日 (木)

あらっ 

間違いは誰にでもあるものだと思うから、

仕方が無いと思うの。

 

 

ましてや、

私なんかしょっちゅうだしね。

 

いちいち気にしていたら、

毛が抜けちゃうもんね。

 

 

 

だけど、

お正月そうそう、

ビビったのは、

 

 

 

私・・・、

いつ・・・、

 

 

 

ウサギを飼ったんだよっ?。

 

 

 

 

| | コメント (4)

2008年1月 1日 (火)

新しい年

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

 

 

 

え~。

今年の目標は、

『免許を取る。』

だなっ。

 

 

 

いや。

マジだって。

ホントだって。

今度は本気だって。

 

  

私、オオカミ少年みたいになってるのか!?。

でも、

今回は、ホントに欲しいんだって。////@-っP@PっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっLWQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ87777777777777777777777777¥

+Y6「「

↑リュン、リュン。

引っ越してから、猛烈に免許が欲しくなったんだって。

車も。

 

 

 

で、後は・・・

 

 

 

今日中に考える。

| | コメント (12)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »