« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

トラブルショー3

今回も大して写真は撮れなかったけど、

何枚か、楽屋で撮った写真をアルバムにアップしたよ。

見てね。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

トラブルショー2

ジャスミン茶のずらっと並んだ私の楽屋は、

気心の知れた人達ばかりで、

楽しい楽屋。

毎日毎日、アホな話しであふれかえっていた。

ほぼ、アホな話しだった。

完全にアホな話しだった。

 

 

 

私の舞台前のウォーミングアップのメニューってのは、

もう、決まっていて、

最後に、舞台の上で、

同じシチュエーションで、歌を歌う。

 

 

歌っていると、

同じように、

舞台の立ち位置で稽古をしていた恒(上條恒)さんが、

話しかけてきて下さって、

私達はしばらくの間お話をしていた。

 

 

恒さんのお話は、

貴重で、優しく、

私に勇気と元気をくれるお話で、

恒さんと別れると、

私は感激と嬉しさで少し泣いた。

それから楽屋に帰った。

 

 

すると、

いつものように

アホ話で大爆笑の楽屋のメンツが、

 

 

おかしをくれたり、

くだらないことをして、わらかしてくれたり、

やたらとかまってくれる。

なんだか優しい。

  

 

 

優しい気がするぞ。

  

 

 

あ。

そうか。

私に何か悲しいことでもあったと思って、

慰めてくれているのかgawk

 

 

何も聞かずに、

このアホ楽屋の人達は、

私を慰めてくれているのだ。

そう言う人達なのだ。

 

 

 

「そうじゃないんだ。」

という言葉を飲み込んで、

私は、

なんだかホワホワした、

この人肌程度の優しさに、

だまって浸かって、お菓子をもらっていた。

 

 

 

| | コメント (3)

2008年2月26日 (火)

トラブルショー1

『トラブルショー』

おかげさまで、無事に千秋楽を迎えました。

ご来場頂いた皆様、

本当にありがとうございましたm(_ _)m。

  

 

舞台にトラブルは付きものだけど、

やっぱり、あって欲しくない。

出来れば、

心静かに集中していたいものよ。

 

 

前公演は、

千秋楽に本火のランプをマントでたおしてあたふたしたっけね。

今回はまさかと思っていたけど、

さすが私だね。

やりおるね。

 

 

はい。

今回も千秋楽の例のシーンで、

やりました。

 

 

王子にお父様のことを打ち明けた帰り、

ジュリアーナはどんなに苦しみ、

どんなに恐かったことだろう。

お父様との誓いを破り裏切ってしまったこと。

たった一つの確かな父との愛をなくすかも知れないということ。

暗い帰り道、

名前を呼ばれランプをかざすと、

そこには、 

水をくむ振りをして、

心配して待っていたお父様。

それは優しい嘘。

 

そんな気持ちで始まるわけさ。

 

 

 

そんなジュリアーナをもっと苦しめたのは、

ランプだった。

舞台に出て、10秒でランプが壊れやがったcrying

 

 

細い針金2本で支えられているランプの、

1本が抜けた。

 

  

えーーーー∑(゚ω゚ノ)ノ!?

 

 

どどどどうしよう。

プランプランしてるよ。

 

 

 

ランプなだけにっcatface

  

 

くふっ。

 

 

って、

そんなことを言っている場合じゃない。

いつ、もう1本が抜けて落としてもおかしくない。

火が着いてるしっ。

ガラスで出来てるしっ。

 

 

次のシーン、

次のシーン・・・。

うわ~、ダンサーが裸足で踊るっwobbly

ガラスを割るわけには絶対にいかない。

 

 

火を消しちゃうか?。

置いちゃうか?。

変じゃないのか?。

でも、どこで?。

ランプを置く理由は?。

 

 

そんな葛藤を繰り返し、

ランプを地面に置いた。

 

 

とっても繊細なシーンで、

毎回あの1シーンで、

私は汗だく。

その辺のダンスシーンに出るよりも汗だく。

ウエディングドレスに早替えしたあと、

ジュリアーナの衣裳はいつも楽屋に干されている始末だ。

 

 

お客様はジュリアーナの行動を疑問に思っただろうか。

ランプを置いたことが、

私の気を、いつもよりチラしていたことは間違いない。

この日は、

千秋楽だけは、つめたーい汗をかいた。

 

 

大女優大村光代は言っていた。

「小道具一つで芝居が台無しになることもあるのよ。」

 

 

ホントにそうだ。

私は、出来る限り全力は尽くしたつもりではあるけれど、

あの日の舞台を台無しにしてしまったんじゃないだろうかと、

心配で心配で、

カーテンコールの笑顔は、

いつもの十分の一だったかもしれない。 

 

 

ショックで、

誰とも話したくなくて、

ひっそりと帰った。

 

 

何があっても、

例えば、メイクを間違って落としちゃったりしたりしても、

カーテンコールは、全開の笑顔じゃなくちゃね。

笑顔でいたいね。

 

 

こうやっていろんな経験をして、

大きくなっていくのさ。

強くなっていくのさ。

厚い皮になっていくのさ。

そんな事を思う千秋楽だった。

うわ。でかっ。

 

 

| | コメント (12)

2008年2月25日 (月)

カードを選ぶとき

知佳(藤澤知佳)からもらった、

『初日おめでとうメッセージカード』

気になったので、

並べてみた。

 

右のおしゃまでかわいい仔猫ちゃんは、

恵子(斉藤恵子)が知佳からもらったもの。

 

 

で、

左の試合前のストイックなボクサーみたいなのが、

私がもらったもの。

 

  

 

ねぇ、

これって選ぶときに、

何か意味があるのか?。

 

  

大切な日曜日に、

観に来て下さったみなさん、

ありがとうございました。

 

 

今日の千秋楽も、

試合前の気持ちでお待ちしております。

 

いってらっしゃい。最近帰り遅いね。

 

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

2日目

あらっ。

もう半分終わっちゃったのthink

もう少し長くできないものかしらね。

 

 

で、お前は黄色いものが好きなのか?。

 

 

今日も来てくださってありがとうございます。

あと2日間、

北千住でお待ちしております。

 

| | コメント (4)

2008年2月23日 (土)

めでたい日

斉藤家(斉藤恵子の家)では、

初日の日は、

お赤飯を炊くそうで(いいね。そういうの)、

なんと、

私の家に恵ママ(恵子のママ)が、

朝7時にお赤飯を届けてくれた。

 

私は、

なまはげみたいな頭で、

玄関を開けた。

 

失礼だったと思う。

 

 

超美味しかったし、

みて、これ。

感激で写真撮ったら、

怪しい手が写っている。

悪いことはできないもんだな。

↑これこれ

  

 

目が恐い。

 

人間の食べ物をあげない主義の私も、

そんなに気に入ったのなら・・・と、

バナナをむいてちぎってあげると、

 

・・・食べないのか。 

 

なんなんだよ。

 

とらねぇよ。

 

2月22日は、

ニャンニャンニャンで、

猫の日だと言って、

初日を観に来てくれた姉。が、

差し入れをくれた。

 

 

リュンに。

 

 

、『塩キャラメルは人間用』

と、書いて、塩キャラメルも入ってた。

 

 

悪いね。

私にまで気を遣って貰っちゃって。

 

   

初日を観に来てくれた皆さん、

心から、

ありがとうございましたm(_ _)m。

今日からも、

北千住でお待ちしています。

 

| | コメント (4)

2008年2月21日 (木)

開幕

 

多分これ、振り向いたら、

ウナギ犬だと思う。

 

 

 

それはさておき、

『トラブルショー』開幕じゃないか。

 

 

役のイメージでかけたパーマは、

かからなくて2回かけたけど、

今はもう、

見る影もないわ。

 

 

パーマの意味がない髪型で、

北千住でお待ちしています。

 

 

| | コメント (6)

2008年2月19日 (火)

貝のチョコレート

『THEATRE1010』。

『シアターセンジュ』って読むんだ。

 

 

私は、劇場入りして、

まだ何にもない舞台から、

客席を見るのが大好き。

まず一番最初にやること。

 

 

胸が痛くなる。

 

 

みんな好きだけど、

この劇場は、

なんだか特にキュンとするんだ。

 

 

駅から近いってのも素敵だし、

食べ物がわんさかってのも、

素敵!!。

 

 

・・・違うよ(-_-)。

食べ物がどうとかって、

そういうのじゃなくて、

とにかくこの劇場は心がざわざわする。

 

休憩時間は、

丸井を探索。

 

 

   

 

あ。

私ね、このチョコレート見ると、

思い出す友達がいるの。

友香子って名前。

 

 

 

高校の時、

電車で、ずっと一緒に学校に通ってたんだ。

 

 

友香子は好きな子がいてね、

電車でよく一緒になる、

近くの男子校の子だった。

『いのり君』。

 

 

バレンタインの時に、

乗換駅で待ち伏せて、

チョコレートを渡したんだ。

かわいいでしょ?。

 

 

ここまではな。

ここまではな。

一見な。

 

 

 

ところが彼、帰りが遅くてね、

なかなか来ないから、

双子の弟の方にあげちゃったんだ。

 

 

「え!?

それでいいの!?。」

って言ったら、

  

 

「顔同じだもん、同じ事だよ。」

って、言いやがった。

 

 

 

 

しかも、この市販の貝みたいなチョコレートに、

メッセージ入り。

「一生懸命作りました。

美味しくなかったらごめんね。」

 

 

なんて書いて。

 

 

おかしいだろ。

このチョコレートの工場で、

バイトしてたって言うんなら、

話しは別だけど。

 

 

どうよ。

友香子、しびれるでしょ?。

 

 

 

って、話しを、

知佳にした。

「ちなみに、この子、AB型ね。」

という、言葉を添えて。

 

 

 

するとAB型の知佳(藤澤知佳)は言った。

「私、わかるわ。

AB型の女は、そういうことするのよ。」

  

 

 

すんのか!?

 

 

 

すんな。

 

 

『トラブルショー』は21日から。

食品いっぱいの丸井11階でお待ちしています。

あれ、

なんだこの宣伝。

ときめく劇場でお待ちしています。

来てね!

 

| | コメント (2)

2008年2月18日 (月)

小さい

私は背が大きくなりたい。

大きい方が絶対舞台映えするから。

そうね。175㎝ぐらいがいいな。

 

  

 

ずっと、そう思っていた。

 

 

 

佐野くんが舞台を観てきたと言う。

私の大好きな女優の一人が出ている舞台だ。

 

 

 

「私ね、初演を観たんだ。

妹の手を引いて、

「頑張れ、頑張れ」って言いながら逃げるシーンがあったのね。」

 

「あ、そのシーン、あった、あった。」

 

「あれ、号泣だった~。」

 

「あ、俺も好き。」

 

「私ね、ずっと背が大きくなりたくて、

小さいことが本当にイヤだったの。

でも、あのシーンを観たとき、

『あぁ、小さいって素晴らしいことだ。』

って思ったんだ。

生まれて初めて。

大きい人にあの切なさは絶対でないよね。」

 

 

 

そんな話しをしていたら、

隣で、身を乗り出して聞き耳を立てている、

私より小さい斉藤恵子の絵が、

抜群に面白かった。

 

 

 

小さい。

面白いし、切ないじゃないか。

『小さい』万歳。

  

 

| | コメント (2)

2008年2月16日 (土)

王子がいっぱい

『トラブルショー』の中に、

ジュリアーナと王子が歌うナンバーがあるんだけど、

 

 

稽古も終わり、

人も少なくなり、

誰もいない稽古場でこのナンバーを練習していると、

 

 

 

 

いろいろな王子が現れる。

 

 

  

ヒゲが濃い王子だとか、

 

 

色白の王子だとか、

  

 

ひょろ長い王子だとか

 

  

メガネかけた王子だとか。

 

 

 

ドアを開けてふら~っと入ってきて、

鼻歌程度に歌っているんだけど、

だんだん声が高まり、

 

 

 

ふらふらと壁を見て歌っていたのが、

だんだん立ち位置に立っている。

 

 

 

最後には私と、

真面目な顔して本気で歌ってくれている。

  

  

 

 

 

ミュージカル俳優の性なんだろうか。

 

 

 

 

「あ。

せっかくだから、相手になって。

記念に。」

 

「いいよ。

歌詞わかんないな。」

 

 

なんて、台本を持ってきて、

きちんと相手をしてくれる。

王子がいっぱい。

 

 

 

誰か、

衣裳着て現れてくれないかしら。

恋に落ちるか、笑い死ぬか、

どっちかだわ。

 

・・・見えてるよ。

 

・・・見えてるってば。

 

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

忘れてたんだってば

アホ面をしていると、

1日が終わっていた。

 

 

いや、

アホ面もしている暇が無く、

1日が終わっていた。

 

 

そんな毎日。

本番前だねぇ。

 

 

今日は、久しぶりに遅い入りだったから、

お買い物して、

何となくケーキが、食べたくなった。

 

「1個でもいいですか?。」

 

「はい。もちろんですよ。」 

  

「チョコレートケーキを一つ。」

 

 

パンやおにぎりは何十個でも食べられるが、

ケーキを何個も食べられるほど、

変態でも、

甘い物好きでもない。

 

 

「バレンタイン用ですか?。」

 

「は?。

あ~。

・・・いいえ。私が食らいます。」

 

「あ。

すーみーませーん。

そ~ですか。

ごめんなさいね。

ホントすみません。」

 

 

 

 

 

 

なになに。

 

 

 

なになになに。

なんなのよ。

 

 

謝るとこか?。

謝るところなのか?。

え!?。

 

さてとっ、お掃除でもしようかしら。

 

  

 

ふっ。

笑って、ピンぼけしちまった。

 

| | コメント (4)

2008年2月13日 (水)

まるでおっさん

よく子供の頃なんか、

朝礼とか避難訓練とかに、

『無駄口をたたくな』なんて、怒られたな。

 

 

『無駄口』ね。

あれは、

やっぱり、するもんじゃないと思ったね。

先生、

あなたはやっぱり正しかったよ。

 

 

今日さ、

本番も間近で、実際の舞台の広さで稽古をしていたんだよね。

ワイヤレスマイクも付けて。

 

 

稽古が中断しても、

ワイヤレスマイクを付けっぱなしで

ウロウロしてたりするでしょ。

たまにOFFになっているであろうマイクが、

ONになってることがあるんだよね。

 

 

稽古の合間に気を抜いて、

無駄口をたたいたりするわけさ。

ワイヤレスマイクつけたまま。

 

 

そしたら、

マイクがONになってたんだよね。

 

 

その時の会話が、

よりにもよって、

「巨乳にビックリだよ。」

って、言葉だったんだ。

 

 

私らだって、

芝居の話しをしたり、

明日の日本についても、

熱く語ったりするよ。稽古中に。

それなのに、

たまったま、

ホントにたまたまこんな会話がマイクにのっちゃったんだよね。

無駄口はたたくもんじゃないね。

 

  

 

言っておくけど、

私らだってね、

毎回こんなおっさんみたいな会話をしているわけじゃ、

全くないのよ。

ホントだよ。 

 

で、どのチャンネルにしようかな。

 

| | コメント (6)

2008年2月11日 (月)

ひりひり

話題の役者が出ている、

評判が良い映画を見に行った。

私には、後味が悪くて、

なぜの嵐な映画だった。   

私にはね。

 

  

でも、いいの。

映画を見に行くって事が特別だから。

楽しかった。

 

 

別に、

特にハッピーエンド好きというわけでもないけど、

後味は大事だと思う。

 

 

今度の『トラブルショー』はね、

後味の良い終わりが好き。 

 

 

舞台をとてつもなく愛している人達の必死さが滑稽。

そんなミュージカル。

周りからみたら、私らがやってることって、

とっても滑稽なことなのかもね。

 

 

でもね、

その必死さは、時にリアルで、

私は稽古中に、何度も泣きたくなるんだ。

 

 

拍手に包まれた舞台を袖から眺めているシーン。

その時の役者の顔が、

一番みんなリアル

みんなが感じたことがあるシーンだからなんだろうね。

 

 

稽古場にいると、

よく泣きたくなる。

そういう場面とは関係なくね。

気持ちがひりひりしてくる、

いつもの病気。

総合リハーサルに入って、

なおさらそんな感じ。

 

 

外部出演者に、

リュンの写真を見せたら、

「コレなんですか?。

ブタですか?。」

と聞かれた。

違う意味で泣きたくなった。

 

 

 

でも、

これじゃ、まぁ、

しょうがないかっ。

見えるわ。

 

 

 

| | コメント (4)

2008年2月 9日 (土)

おっきくなった

雪降っちゃってるし。

 

 

鼻ね。

私の鼻。

リュンとけんかして噛まれたのさ。

稽古で真面目に芝居してるじゃない?。

気になっちゃってね。

 

 

ケガがっていうより、

相手役の目線がさ。

 

 

「KAZZさん、

私の鼻見てましたね。」

 

「うん。」

 

てな感じで。

 

 

大分直ったかな。

まだ痕あるね。

リュン、おっきくなったでしょ?。

 

 

『トラブルショー』も、

もうすぐ本番。

再演だからわかることいっぱい。

楽しいから観に来てね。

 

コメディーな作品の中、

「やってて楽しい?。」

と演出家に聞かれた。

 

 

 

楽しいよ。

 

 

ロベリンもジュリアーナも、

私には一緒さ。

カタカナだしね。

 

| | コメント (4)

2008年2月 5日 (火)

ここから外

 

私は、劇団の中ばかりにいるけど、

外には、

どんな役者がいるんだろう。

ドキドキしてしまうような、

役者さんがいっぱいいるんだろうな。

  

 

 

いろんな役者さんに会ってみたいな。

 

 

| | コメント (2)

2008年2月 2日 (土)

罪と罰

何か・・・悟りを開いてるっていうか。

なんていうか・・・。

 

  

おとなーしく体を洗われて、

おとなーしくドライヤーをかけられて。

 

 

どれだけ大暴れするか、

かなり構えてシャンプーしたのに。

 

 

じーっとしてるの。

この子。

マッチ棒みたいな形になって。

 

 

その、落ち着き払った様子は、

まるで修行僧みたいだったわ。

 

 

 

殺されるとでも思ったのかしら。

 

 

はっ。

あんた、もしかして、

私に殺されても仕方あるまい。

みたいな悪いことしたんじゃないでしょうね。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »