« わかりません | トップページ | 『ウエディングソング』2 »

2008年3月26日 (水)

『ウエディングソング』1

こうやって、

のんびり、起きたいときに起きたのは、

どれくらいぶりだろう。

 

 

お風呂にお湯を入れたんだけど、

リュンが湯船に身を乗り出し、

片手を入れたりしているのが見える。

落ちたりしないだろうか。

・・・まぁ、落ちても乾かせばいいだろう。

 

 

レッスンも、

・・・まぁ、今日ぐらいはいいとしよう。

 

 

『トラブルショー』の千秋楽の、

2日後に、台本の締め切りを貰ったのね。

それでも、

『本番中は集中したいよね。』

という、ミュージカル座からの配慮だった。

ホントは、もっともっと前だったの。

 

 

それから、

3月25日っていう本番まで、

1ヶ月。

 

 

台本もない。

何もない状態からスタートした。

 

 

ぶっちゃけ、

この仕事を引き受けるかどうか、

引き受けてからも、私達は、

何度かぶつかったし、何度か大きなケンカもあったのね。

「『書けるようだったら。』でいいよ。」

と、みんなは言ってくれていたし、

私は絶対に、

書くことで、

自分のレッスンや何かを犠牲にすることはしない。

と、心に誓っていたので、

思いっきりマイペースで10日(ちょっと)遅れで台本を書き上げたんだ。

その間、本当に誰も私を急かしたりしなかった。

気が気じゃなかっただろうにね。

 

 

残り、あと2週間。

由香が曲を作って、

みんな(演出助の梅ちゃんがまとめる)で作詞をして、

とっても素敵な歌が出来た。

和美が曲を楽譜に起こして、

百合ちゃんがBGMを弾いて録音。

梅ちゃんが振り付けして、

まんみさんが歌唱指導してくれて、

照明を考えつつステージングを直して制作もこなす。

出来上がったモノを竹本さんに演出してもらう。

 

 

もう、誰がなんだかわからない、

いないところに誰かが入る。

多分、長くここにいなきゃ出来ないであろう、

劇団ならではのチームプレーで、

本番を迎えた。

 

 

こんな事、

なんてこと無く、

こなしてしまう人もいるんだろうけど、

何せ、初めての私達には、

バタッバタのグッチャグチャだった。

嵐みたいな何週間だった。

 

 

6人で1ヶ月と本番を乗り切った。

 

 

昨日、本番を迎えた。

 

 

だから、今日だけは、

のんびりしていよう。

私は本来、怠け者なのだ。

ということを思い出そう。

 

 

リュンが、

部屋に飾ってある白いチューリップを食べている。

・・・まぁ、今日だけは怒らないわ。

 

  

 

 

よく噛んで食べなさい。

  

 

|

« わかりません | トップページ | 『ウエディングソング』2 »

コメント

お疲れ様happy01
三人の笑顔最高upsign03
やっぱり仲間っていいねheart04
色々大変だったみたいだけれど・・・
皆の力は何十倍にもなったんだね。
たまには、ゆっくりお休みしても良いと思うよ。
由香ちゃんじゃないけれど、走って、走って、走ってきたんでしょ。


昨日は私も仕事場で「今日はいつもの倍(2リットル)お水を飲む」と決めたのだ。(こんな事でゴメン)
自分に何か課さないとと思ってね。
そんな事でしか応援出来ないのがもどかしいけど、そう決めて頑張って1本飲みきった。

投稿: マレ | 2008年3月26日 (水) 19時23分

>マレさん
 
ありがとうございますsign03
お気持ち、とっても嬉しいですcrying
 
お陰様で、いろんな偶然やハプニングも、良い方向に良い方向に転がり続け、まるで、舞台の神様に愛された錯覚をするような、楽しい舞台になりましたhappy01
 

投稿: りん>マレさん | 2008年3月27日 (木) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わかりません | トップページ | 『ウエディングソング』2 »