« 『ウエディングソング』1 | トップページ | 『ウエディングソング』3 »

2008年3月27日 (木)

『ウエディングソング』2

台本を書いたって言ったって、

元になったコントがあって(竹本さんが貸してくれた)、

私の中から生まれたわけじゃないし、

いろんな考えがあると思うけど、

私は、オリジナルの作品とは思っていないんだ。

竹本コントのパワーに乗っただけ。

 

 

曲だって、

1曲、由香が作曲した曲に、

みんなで作詞したものは完全に私達のオリジナル(この曲素敵だよ)。

それ以外は、

元々ある曲を使っているわけで、

1曲は、

大好きなamiちゃんの『アネモネ』に詞を変えさせてもらったものなの。

詞だって、一部を使わせて貰ってるわけで、

作詞したとは言い切れない。

やっぱり、オリジナルのパワーって凄いし、

作った人の思い入れって凄いんだよ。

だから、快く、曲を貸してくれて、

違う歌詞を付けて歌うことを、許してくれたamiちゃんには、

本当に感謝の気持ちと、

申し訳ない気持ちでいっぱい。

あれは、あの曲の持っているパワーがいっぱい助けてくれたの。

 

 

なんだか知らないけど、

台本を書いているうちに、

だんだんこだわりが出てくる。

『こんな感じ』って伝えるのが難しくて、

あぁ、

私が曲も詞も作ることが出来たら良いのに。

って。

凄く思ったな。

 

 

だけど、私は、

楽譜もまともに読めなけりゃ、

コードもわからない。

ピアノ弾けちゃうだけで、尊敬に値する。

由香も和美も弾けるし、

西田敏行ばりにもしもピアノが弾けたなら』と思った。

 

 

実は、このお仕事、

前回の『3人の花嫁』を気に入って下さって、

私達3人の、違う作品が観たい。

と言ってきて下さったの。

もう、それはそれは嬉しかった。

だから、

どうしてもやりたかったし、

私達の出来る限りで、

心を込めて作品を作ったつもり。

 

 

会場も、次の台詞を入れられないくらいの大爆笑だったし、

喜んでいただけたんじゃないかと思うの。

とっても温かく見てくださっていたし。

私、終わった後、嬉しくて泣きそうだったもの。

やって良かった!。

そう、思った。

  

 

だけど、どうせなら、

もしも、

完全オリジナルだったら、

もっともっともっと、

・・・どんな気持ちになったんだろう。

 

 

日頃、演じることだけがやりたいと願っている私は、

この何とも言えない複雑な気持ちに揺れたりして、

不思議な経験だった。

 

 

楽器が出来ないんだもの。

曲なんか・・・。

 

 

 

 

 

あ・・・。

楽器。

 

 

 

 

 

ふと思い出して、

1年振りに大きなケースを引っ張り出した。

  

 

 

あまりに久しぶりで、

開けたら、

きのこが所狭しと生えていたらどうしよう。

繁殖して、小さいのがいっぱい入っていたらどうしよう。

  

 

そんな想像をよそに、

1年前と変わらないたたずまいで、

ギターがツタンカーメンみたいに横たわっていた。

 

 

由香が、

いつだったか言っていた。

「ギターの方が作曲って簡単かも。」って。

 

 

おい、そうなのか?

 

 

|

« 『ウエディングソング』1 | トップページ | 『ウエディングソング』3 »

コメント

ラスト14行までは「いいお話」で来てましたが…それで終わる
ワケなかったですねsmile
年始のブログでくろはたさんにツッコミを入れられてましたが、
忘れていたわけじゃない、とcoldsweats01

投稿: がーくん | 2008年3月30日 (日) 12時47分

>がーくん
 
はい。
青島ですからっ。
 
てか、行数数えたんですか?。
私も数えちゃったじゃないですかcoldsweats01
 
そして、
やるやらないは置いといて(置いとくな)、
忘れるわけないじゃないですかっ。

投稿: りん>がーくん | 2008年3月31日 (月) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ウエディングソング』1 | トップページ | 『ウエディングソング』3 »