« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月19日 (土)

フミフミ

リュンは、よく、

寝ている私のお腹の上に乗って、

両手を交互に何度も何度も、

フミフミする。

ちょっと鬱陶しい。 

 

 

この謎の行為を、

知り合いが獣医さんに聞いてくれたら、

これは、

お母さんのおっぱいを飲むときにする行動で、

甘えたい時にするんだって。

 

 

しかも、

信頼している者にしかしないそうな。

信頼している者にしかっ。

 

  

 

信頼している者にしか(*'-'*)。

 

  

 

それ以来、

ちょっとリュンが愛おしい。

 

 

 

ゾウリムシなみの単細胞である私は、

それからというもの、

このフミフミを、

ワクワクしながら心待ちにし、

踏まれては、

鼻の下を伸ばしていたりする。

ちょっとした変態ぶり。

 

 

 

でも、

今日、のどをフミフミされたときは、

殺意って意味もあるんじゃないかと、

獣医さんに聞いてみようとも思ったわ。

 

 

袋が移動するから、

ちょっとびびっちゃったわよ。

 

 

| | コメント (8)

2008年4月18日 (金)

6ヶ月

リュンが生まれて、

今日で半年になる。

 

 

だからと言うわけじゃないけど、

お風呂に入れた。

 

 

 

多分、

リュンには、喜ばしいことでもなんでもないしね。

 

 

 

いつものようにお風呂にやってきて、

お湯をかき回すので、

なんとなく、

そのまま湯船に引きずり込んだの。

 

 

ちょっと大人になったのね。

シャンプーも、 

地獄絵図のように、

スローモーションで両手を動かして、

体をねじっているので、

嫌がっているのはわかったけど、

本当に鳴かない子。

 

 

私は、この子の鳴き声をほとんど聞いたことがない。 

  

  

・・・

カメラを意識しているようにしか見えないのは、

私だけかしら。

 

| | コメント (2)

2008年4月14日 (月)

会議中です

どっちかと一緒なときは、

もちろん、たまにあるけれど、

3人揃うのはホントに珍しいのに、

私ら『たばすこ座』で、

たまたま一緒の時に限って、

よく、人に出くわす。

道とかでね。

 

 

 

なんか、

いつも一緒、

どこに行くのも一緒な、

仲良しユニットみたいに思われてるんじゃないかと、

ちょっと照れる。

 

   

全然、

そんなことはない。

  

 

 

今日は、

『たばすこ会議』があったの。

 

 

 

今後の公演を打つに当たって、

スタッフさんを決めたりするのも、

こうやって会議でみんなで決めるのね。

 

 

由香から、

知っているスタッフさんの名前があがった。

すごくいい人らしい。

 

 

「でもね。

その人ね、

まりもっこりに似ているの。」

 

 

  

へーー。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

似てるって・・・

どっちのことかしら?。

上がかしら?。

下がかしら?。

 

 

  

まぁ、

お仕事の出来るいい人なら、

私はどっちでもいいと思うわよ。

 

  

「よくあることよ。」

お前、

カウンター越しのスナックのママみたいだけど。

 

| | コメント (12)

2008年4月10日 (木)

ラッキーな女

私はラッキーな女だと思う。

時々思う。

 

 

150キロのスピードでガードレールに激突して、

1回転半の横転事故をしても、死なずに、

今日もこうして元気に丼でご飯を食べているし。

   

 

 

この掘り出し物のお気に入りの部屋を見つけたのだって、

リュンが膝で眠っていることだって、

私の周りにいる大切な人達に出会えたのだって、

みんなみんな、

幸運だとしか思えないもの。

 

 

だから私は、

いつだって感謝している。

ラッキーに。

 

 

今日なんかね、

パルコに気取って入っていったら、

入り口のアミアミした地面に、

ピンヒールがさっくり入って、

引っ張っても、

びくともしやしないの。

こんなのってよくあるじゃない?。

 

 

両手で何度引っ張っても、

ちょっとやそっとじゃ抜けやしないの。

仕方ないから私、

本腰入れて引き抜いたわ。

 

 

その時の私はまるで、

収穫時期の大根を引き抜いている、

農家のお母さんみたいだったと思うの。

 

 

一緒にいた百合ちゃんも、

笑ってたわ。

 

 

ふふ。

そりゃ、笑っちゃうわね。

凛、大失敗。

 

 

お買い物をして、

パルコを出るとき、

律儀に同じところで、

またガッツリ、ヒールがはまった。

  

 

 

二度目の収穫ね。

 

 

 

今日は大豊作。

 

 

百合ちゃんが言ったわ。

「凛さんが歩くところは、

レッドカーペットでも敷いた方がいいですね。」

 

 

 

ふふ。

優しい子。

 

 

私、思ったわ。

私ってなんてラッキーなんだろうって。

 

 

だって、

心配してこんなこと言ってくれる子ってなかなかいないし、

何より、

この状態が一人じゃなかったって事がね。

 

 

考えてもみて。

もし一人だったら、

多分、

お店が閉店になるまで、

ヒールの刺さったまま、

そこに立っていたと思うわ。

 

 

 

そりゃそうよ。

あんな、大根引き抜くみたいなこと、

一人じゃとても無理だもの。

 

 

ちょっぴり、

往来の邪魔になったとしても、

何もなかった風を装って、

閉店まで立っているわ。

 

 

一人じゃなくて、

本当に良かった。

 

 

今日、稽古だったしね。

 

 

もし、そんなことになったいたら、

なんて言って稽古を休めばいいのかしら。

「ヒールがはまって、稽古にいけません。」

 

 

 

そんな言い訳って、

通用するのかしら。

ホントのことだとしても、

ちょっと、なめ過ぎよね。

 

  

あぁ、

やっぱり私は、

ラッキーな女なのだ。

 

 

ちなみにこれは、

パルコの前で抜いた大根ではない。

 

  

| | コメント (10)

2008年4月 8日 (火)

猫と飼い主の不思議

最近通い出したダンスのスタジオでは、

まだ、私には友達が居ない。

 

 

更衣室なんかでも、

挨拶ぐらいで、

特に誰かと話したりなんかしていない。

 

 

レッスンとレッスンの空き時間なんかも、

一人で牛丼屋さんや、ラーメン屋さんには入れなくても、

一人でタイ料理屋さんには入ったりするようになり、

着々と独り立ちしてるんだか、

おっさん化しているんだかしている。

 

 

更衣室で、

猫の話しをしていたので、

ついつい耳を傾けてしまったの。

 

 

「家は、チンチラのブリーダーをしているの。」

 

「えー、そうなの!?。」

 

「安いときもあるけど、

高いと、75万で売れたときがあるよ。」

 

「えー!!

何が違うの?。」

 

「よくわからないけど、

ぐしゃってなった、ブサイクの方が高いみたい。」

  

 

 

別に聞き耳を立てるつもりでもなかったんだけど、

この間、

美穂ちゃん(木村美穂)が、

 

 

「よく飼い主が猫に似ていくっていうけど、

本当は、

顔なり行動なり、

無意識に自分と似た猫を探して飼ってしまうんだって。

そのぐらい人間は、

自分好きなんだって。」

 

 

と言っていたのが頭をよぎり、

思わず振り向いてしまったの。

 

  

 

  

あ。

ホントだ(゚o゚;) 。

・・・チンチラだ。

  

 

 

だけど、

美穂ちゃん。

私はたまに、

この子の行動が理解できないときがあるんだよ。

しかも、

何か良からぬことを考えているように見えるのは、

私だけかしら。

 

 

| | コメント (6)

2008年4月 4日 (金)

一人にしないで

教官の言ってることが理解しきれないまま、

じゃ、練習しておいて。

と、

一人にされることがある。

 

 

 

この、

白目を剥いている私を一人残してだ。 

 

 

 

教官には当たり前みたいなことでも、

私には、

何のことだか、さっぱりなんだよ。

だいたい、

どういう仕組みで、

この鉄の塊が動いてるんだかわかってないんだから。

  

 

 

いいのか?。

この私を一人にしていいのか?。

とんでもないことになるぞ?。

 

 

いっそ、

とんでもないことになってしまえば、

もう、2度と私を一人になんかしないかもね。

 

 

私の車には、

隣にも、

後ろにも3人教官が乗るようになったりしてね。

そんで、全員にブレーキ付いてるの。

 

 

  

ふふ。

 

 

 

それでも、

料金一緒かしら。

 

 

  

ふふ。

 

 

  

そんなことを考えているほど、

余裕も出ている自分に気づいたりする。

自立は必要なんだね。

免許取ったら、

最初に乗せてあげるね。

 

 

 

| | コメント (10)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »