« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月28日 (金)

グルグル繰り返す

そんなにビデオ屋さんに行く方ではない。

たまに行くと、

返したついでにまた借りてきて、

それを返したついでに、

また借りて、

しばらくの間グルグル繰り返す。

 

 

この間、

本棚を作ったもんだから、

段ボールに入ったままだった本を本棚に入れていたら、

おっ。

これは!

なんつって、

昔の本をアホみたいに読み返しはじめた。

読んだ本を本棚に返すついでに、

次の本を手にとって、

また返すと、

そのついでに次の本を。

多分、

当分グルグル繰り返すのだろう。

 

 

今日、

クリーニング屋さんに、

2ヶ月前にお願いしたダウンを取りに行った。

 

 

なんと、

当日仕上げの『大至急』と書いてある。

 

  

2ヶ月経ってた。

どうやらその日に欲しかったらしいが、

忘れたんだろう。

私ならありえる。

 

 

そしてタチが悪い。

 

 

で、

そんな予定ではなかったのに、

なぜか、

ダウンを受け取り、

その場で着ていた上着を脱ぎ、

預けてきた。

  

 

 

これもグルグルする気か?。

 

  

  

もしかすると、

変な習性なのかもしれない。

 

| | コメント (4)

2008年11月27日 (木)

寒いんだね

子供の頃は、

クラスの男の子と、

どっちがいつまでも半袖でいられるか。

なんてことを競ったりしたものだ。

 

 

どうしてあんなに薄着でいることが

誇らしかったのか、

今となってはさっぱりわからない。

 

 

私が大人になって失ってしまった、

大切なものの一つなのだろうか。

 

 

真冬の半袖は、

薄着の域を超えてるけどねっ。

 

 

12月にもなっていないのに、

私の冬装備はマックス。

 

 

「凛ちゃん、

雪国の子みたいだね。」

と言われた。

 

 

これからやってくる2月が恐い。

これ以上、

何をどう暖かくすればいいんだろう。

毎年思うけど、

今年も冬を越せるかしら・・・。

 

 

青島さんは不安でした。

 

 

 

しかし、

どんなにブサイクな顔で上を向いて寝ていても、

冬のネコはなかなかかわいいものだ。

 

 

 

 

| | コメント (9)

2008年11月24日 (月)

いろんな形

3回目ともなるとね、

幕が開くやいなや、

涙があふれ、

最後まで泣きっぱなしでしたわ。

 

 

前のめりにならなくても、

すぐそこにその人はいて、

いや、

彼女だけじゃなく、

全ての役者が素晴らしくて、

私は笑ったり、

泣いているしかなかった。

 

  

年をとって、

好きな物が多くなった気がする。

 

 

大昔に一度見て、

これは芝居じゃねぇ。

好きじゃない。

と思った劇団の看板に惹かれ、

チケット1万円プラスでオークションで落とし、

魅了され、

スタンディングオベーション。

 

 

以来、

舞台は映像で観るものじゃねぇ。

10分の1になっちまう。

と、

頑なに見逃した舞台も、

映像で観ることを拒んでいた私が、

その劇団のDVDを観ては、

おもしれぇ!!

ってことは、

この10倍だったってことか!!

くーーー!!

 

  

なんて、

部屋でのたうち回っている。

 

 

何処の劇団を観ても、

素晴らしい。

と思うようになった(全部じゃないけど)。

あぁ、

こういう形なんだって。

 

 

私は、

自分の所属する劇団が好きだ。

私の居る場所だと思っている。

例え、何処に行こうと、

お家だと思っている。

 

 

いろんなものが観たい。

いろんな人と会いたい。

だけど、

ここで良いものを作っていきたい。

 

 

そりゃぁ、

ダメなとこもあるよ。

でも、

好きなとこがいっぱい。

 

 

私らの劇団の形って、

なんなんだろうなぁ。

 

 

なんて話しながら、

そりゃもう、

たらふく食事をして、

甘くてでっかいポップコーンを抱えながら、

ミュージカルのオーディションな映画を観ていた。

 

 

・・・ふふっ。

スタイルも大事よね。

よし、

明日から、

大盛り禁止だ。

おかわりもな。

 

 

| | コメント (4)

2008年11月23日 (日)

大工か?

日曜日だから、

日曜大工をした。

 

 

組み立てただけだから、

日曜大工とは言わないのかも知れない。

だけど、

日曜日だから、

いいのだ。

 

 

私はこの手のものが苦手で、

こういうときは、

得意なのがまわりにたくさんいるから、

いつも甘えることにしている。

 

これは、

押し入れに入れる本棚なのね。

なんだか簡単そうなので、

頑張ってみた。

 

苦手なわりには、

なかなか良くできた方だと思う。

 

 

こんなものを自慢げに写メして送りつけてやった。

私の優しい友達は、

「偉い偉い。」

と褒めてくれた。

 

 

ちょっと気分が良くなって、

せっかくだから、

本をめいいいっぱい入れた。

 

入れ終えたところで、

リュンに倒された。

 

 

なぜ、途中ではなく、

入れ終えたところを襲う?

誰に似たのやら・・・。

 

 

この怒りを何処にぶつければいいの?

 

 

腹いせに、

しゃらしゃらと歩くリュンを

とっつかまえて、

爪を切ってやった。

 

  

 

どうだ、参ったか。

私の休日は、

こうして終わった。

 

 

| | コメント (4)

2008年11月22日 (土)

3回の次

 

 

なんだこれ。

なんでゾウなんか撮ったんだろう。

まぁ、いいや。

 

 

昨日は20列目で1回目。

ついはまると、

前のめりになって観劇してまう私。

もっと前で観たい。

 

 

今日は5列目で2回目。

やっぱり前のめりで号泣の私。

もっと前で観たい。

 

 

明後日は2列目で3回目。

きっと前のめりに違いない。

それでも、

もっと前で観たいのだろうか。

  

   

ほら、私、

ファンクラブ入っちゃったしね。

だから3回。

 

   

私の憧れの女優は今日も素敵。

いつも私の何かを強く刺激する。

舞台の上の絶妙なバランス。

私も舞台に立つなら、

彼女のように立ちたい。

 

  

 

今回は3回分にしておいて、良かった。

 

  

このまま行くと、

次は舞台によじ登って観てしまうことになるもの。

  

   

| | コメント (6)

ネタ見せ

   

なぁに?

どうした?

・・・『あきこ』か、お前は。

   

   

お~!

首だけ上下に動いてる!

すご~い。

こわ~い。

 

 

「どうだ。」

って顔か。

 

 

 

すみませんね。

遊んでいただいて。

何処で覚えたんですか?

その芸。

  

     

  

| | コメント (2)

2008年11月21日 (金)

そうだったのか

私は眠りが浅い。

もともと長く眠れない人で、

その上浅いんじゃたまったもんじゃない。

悩みって程でもないけど、

ちょっと参ってた。

 

  

1時間おきに目が覚めてしまうんだもの。

私の繊細さが恨めしい。

 

 

そう、

ひっそり思っていた。

 

 

先月か?。

とうとうというか、

いい加減に、寝室にカーテンを付けたのね。

 

 

私の眠りの浅さは、

カーテンだったらしい。

すんごくぐっすり眠れる。

 

 

人並みの生活は大事だ。

 

 

お値段以上。

ニトリ。万歳。

  

| | コメント (4)

2008年11月19日 (水)

それでも元気です

子供の頃、

 

SMAPのメンバーを、

見分けることができないおばあちゃんに、

言葉を無くしたものだけど、

 

 

最近じゃ、よく、

私にも似たような事が起こる。

 

  

ほとんどテレビを見ないので、

たまに見ると、

知らない名前、

知らない人達ばかりだ。

 

 

すんごい売れてる人達らしいのに・・・。

 

  

その手の話題には、

たいがい無口になってしまう。

もしくは、

「へ~。」

とか、

「ほ~。」

以外の言葉を知らない。

 

 

それでも私は元気に生きている。

それでもみんな、

元気に生きている。

 

 

今日、

みんなでバイクの話をしていたら、

一応女の子なので、

バイクに疎い私に、

ある人が説明をしてくれた。

 

 

「あれだよ。

舘ひろしが乗ってたヤツだよ。

『危険な刑事』で。」

 

 

 

 

 

あ・・・。

 

それ・・・。

 

 

 

 

「あ。

『あぶない刑事』だ・・・。

・・・オレ・・・・。

おっさんだな・・・。」

 

 

と、肩を落とす。

 

 

わかるっ。

わかるよっ。

そういうことあるよっ。

 

 

なんだかこの人の気持ちがわかりすぎて、

みんなと一緒に笑っていたけど、

私は心の中で、

泣きながら走り出した。

 

 

 

| | コメント (4)

2008年11月18日 (火)

無駄に

 

これ、

キャットフードなんだけどね。

 

    

  

最近のキャットフードはかわいい。

そして、おいしい。

 

 

| | コメント (5)

2008年11月17日 (月)

ひとつとばしてみる

ぺろんぺろんで良い気分も、

途中のサービスエリアでは、

すっかり冷めちまって、

帰ったらやりたいことがあった。

新潟から帰ってきて、

ブログを書いて、

台本を読んだ。

 

  

今度やるお芝居の台本。

 

 

正確には、

次の次にやる台本か。

 

 

仕方がない。

読みたくなっちまったんだから、

仕方がない。

 

  

台本読みたい気持ちは誰にも止められないわ。

例え自衛隊でも。

  

  

あのね。

ミュージカルじゃないよ。

お芝居をやろうと思ってさっ。

 

 

劇場も押さえた。

キャストも決まった。

スタッフは・・・まだなんとなく。

 

   

あぁ、お芝居ができる。

胸の中のちっちゃいザワザワを抱きしめる。

 

  

まだ細かいことはお知らせできるほど決まってないんだけど、

とにかく5月にやるつもり。

はっきりしたらお知らせするね。

 

 

・・・ふふっ。

 

 

読み終わって、

またもやな台詞の膨大さに、

思わず声を出して笑う。

  

気持ち悪いぞ。

私。

私の足に顔を乗せて眠っていたリュンが、

怪訝な顔を上げる。

 

 

嬉しくなって、

抱き上げてぐりぐりと頬ずりした。

 

  

1歳になったリュンは、

立派な大人で、

私よりずっと大人で、

いつも私の行動には動じず、

されるがままだ。

むしろゴロゴロ言って、

最悪な状況も楽しめるタフなネコに成長した。

 

 

突然笑ったり泣いたり歌ったり、

おかしな同居人がいて、

かわいそうに。

と思う瞬間だ。

 

 

あ、あくびかよっ?

  

| | コメント (2)

2008年11月16日 (日)

新潟の『三人の花嫁』

『三人の花嫁』終了~。

ただいま~。

 

 

いいね。

地方公演。

 

 

長岡のお客様も温かくて、

たくさん笑って、

たくさん泣いてくれた。

 

 

もう、いろんな場所、

いろんな環境、

いろんな状況で、

何度もやってきた作品だけど、

素明かり(暗転も無し、特別な照明無し)の

舞台は初めてで、

いつもは強い味方になってくれる照明無しでさ、

めったなことではお客様の顔を見ない私も、

さすがに今回はお客様を見ずにはいられない状況だったけど、

それでかえって良かった。

 

 

猛烈にお客様の反応が楽しかったよ。

 

 

新潟と言えば・・・

これ。

 

日本酒~。

私、見かけ倒しでして、

あんまりお酒強くないの。

普段、日本酒なんか絶対飲まない。 

 

 

これ、

まだ一滴も飲んでないのに、

ぺろんぺろんに見えるのが不思議ね。

   

 

でもね、

なんてったって新潟だからね。

せっかくだからいただいた。

 

  

ら、ビックリ。

おいしいったらないんだ。

 

 

なんと、

この後、

この瓶、

ほとんど私一人であけました。

 

 

恐るべし、

新潟。

 

 

しかし私、

ご存じの通り、

食べる方が得意。

 

 

公演終わって、

輪をかけて顔がだらしないのもあるけど・・・、

 

  

がっかりするくらい、

嬉しそうでしょ?

 

 

 

美味しい新潟ご飯いただいた後、

このおそば、

2ざるいった。

 

 

お豆腐には、

腰抜かした。

うまくて。

 

 

お煎餅には、

ひざまづきたくなった。

 

 

全然違う。

うますぎっ。

 

 

やっぱさ、

お水とお米が違うのね。

  

ちょっと、

やめて下さいっっ。

 

 

あ、ごめんね。

 

 

  

私、

もうこっちでお豆腐とお煎餅買って食べたくない。

 

 

生意気でしょ?。

 

 

で、

今回の公演で学んだ。

 

 

新潟のイナゴは、

世の中で一番生意気で、

よそでは生きられない、

かわいそうな生き物だわ。

日々、勉強。

 

 

| | コメント (8)

2008年11月15日 (土)

ツラいわね

ツラいわね
今、長岡のホテル。
このホテル偉い。

加湿器がある。

普通あるの?




たまには、

こんなに早く寝てみるのもいっか。




ところで、

一袋にレモン50個分のビタミンCって・・・




こういつも比較される、

レモンの気持ちになってみなさいよ。

ヒドい時には、

1000個分とかあるしね。



なんだ1000個分て・・・



私がレモンだったら、

こういうの耐えられないわ。

| | コメント (4)

旅支度

旅支度

旅慣れない私は、

たかが新潟に一泊だというのに、

部屋を大掃除した。


死んじゃうみたいに。




リュンにもご飯を、
どんぶりいっぱい用意した。




行ってくるね。





ところでキミは、

私が居なくても、

ちゃんと一人で、

そこから下りられるのかい?

| | コメント (2)

2008年11月13日 (木)

大人のご挨拶

うわっ。

やったっ∑(゚∇゚|||)。

ありえねぇ・・・。

 

 

帰って来て、

上着も脱がずに4時間も行き倒れてたのかΣ(゚д゚;)、

私・・・。

 

 

てなわけで、

無事に企業公演終がわったようだ。

 

  

すんごい楽しかったけど、

なんだ?

この疲れは。

 

 

帰りに、

ホテルのソファーでくつろいでいると、

観劇して下さった常務さんが、

声をかけてくれた。

 

ごあいさつ中で、

まんみさんが言う。

「新作なんかもご用意しておりますんで。

はい。

よろしくお願い致します。」

 

 

 

そう。

新作なんかもごよ・・・オイ!!

 

 

こら、

こらこら、

こらこらこらこら、

新作!?

 

 

 

誰がご用意してくださるのかはっきりして下さらないと、

うかうか、2度寝も出来ません。

 

 

 

| | コメント (4)

2008年11月11日 (火)

言わないで

最後の通しを終えて、

最終調整。

 

  

もう少し。

もう少しで完成だ。

 

  

私達の出来る限りのことはやったつもり。

間に合ったかしら・・・。

 

 

後は、

衣裳やら、照明やら、

お客さんの反応、空気。

私達の感覚、

私達。

信じて楽しむだけだ。

 

 

 

演出をやってくれている梅ちゃんが言った。

「ここまではかわいく素敵でいて。

で、

ここからは捨てていただいて。」

 

 

 

梅ちゃん・・・、

 

 

何を。

何を捨てろと言うのですか?。

 

 

 

 

ううん。

言わないで。

なんとなくわかっているから・・・。

 

 

| | コメント (2)

2008年11月10日 (月)

明日は晴れてくれなきゃ困る

コントな毎日を送ってる。

 

コント。

 

 

楽しそうでしょ?

 

 

ね?。

コント。

 

  

でもね、

毎回思うけど、

コントは恐ろしい。

そして苦しい。

 

 

明日は最後の稽古だってのに、

今日の通し稽古では、

そりゃもう、コテンパンにダメ出しをくらった。

 

 

 

私はよく、

夕方になると不安な気持ちになるんだけど、

今日はべらぼうに不安な気持ちだ。

 

 

子供の頃、

父の車に乗るとよく流れていた曲を、

きづくと口ずさんでいる、

今日の私。

 

ちなみに歌は、

井上陽水。

 

 

題名は知らない。

なぜ、その歌なのかも知らない。

なぜなんだ。

 

 

『トゥモロー』

とかの方が良いんじゃないかと思って、

『トゥモロー』歌ってみる。

 

 

・・・。

いつの間にか、

頭の中で、

アニー井上陽水にすり替わっている。

髪の毛と衣裳はアニーのまま。

まぁ、金か黒かって違いなんだけど、

 

 

ちょっと耐え難い。

 

 

仕方ない。

今日は、

井上陽水に身を委ねよう。

 

 

| | コメント (2)

2008年11月 9日 (日)

話せばわかる

私はメールがあまり好きではない。

よくわからんし、

よく伝わらないから。

  

  

真実が見えにくい。

 

   

短い文面と、

絵文字の中から、

全てを理解するのに、

何度も何度も読み返してしまう。

メールの伝わり度に疑問を感じてしまう。

ほとほと疲れ果ててしまうのだ。

私の場合。

 

  

メール好きって多いよね。

仲が良いと、

メール来ても、すぐ電話しちゃう。

めんどくさいし、

話すと、

たいがいのことは理解し合えるものだし。

言葉じゃないいろいろなものも見えるものだ。

 

 

ボウフラみたいに見える、

ふらふらしている私にも、

友達にも、

いろんな事が、生きていれば起こるわけで、

直接話してみたりすると、

やっと理解して驚くことばかりで。

  

   

人間て、難しいね。

メールって、難しいね。

 

  

だらだらとカウンターで食事をして、

「帰らなきゃね。」

などと言いながら、

帰りたくなくて、

帰るきっかけを失う私達に、

イタリアンな料理人がお水を持ってきた。

 

話しを聞いていなければわからないような、

それはそれは、

見事なタイミングで。

 

聞くつもりはなくても、

黙ってずーっと仕事してる目の前で、

話してるんだから、

聞こえてないわけはない。

 

 

「すみません。

長居しちゃって。」

 

「いえ、

いいんですよ。

ゆっくりしていって下さい。」

 

「で、

あなたはどう思います?。」

 

 

なんて聞いてみたくなる。

けど、聞くわけがない。

 

  

「そうですね~、

僕ならこう思います。」

 

 

なんて答えられても、

「聞いてたのかよ!?。」

 

 

って言いたくなるしね。

 

人間て、難しいね。

 

| | コメント (4)

2008年11月 5日 (水)

それでもかわいい

自分のお腹を痛めて産んだ子はかわいい。

なんてよく言う。

 

  

それと同じで、

自分で産んだ作品はかわいい。

 

  

  

お腹は痛めてないけど、

書いてるときは、

耳から、

脳みそとか毛ガニとか何やら出ていたとは思う。

 

 

  

そんな作品はかわいい。

 

 

     

自分らでDVD見て、

爆笑したり泣いたりしてるから困ったもんだ。

 

   

   

そんな私達が作った作品、

『パウダールーム』が、

企業公演として2回目の上演をすることになった。

   

  

 

只今稽古中~。

   

    

   

コントコント、

40分のこれっぽっちも気の抜けないコント。

 

   

   

自分で書いたツッコミ台詞が私を集中させ悩ませる。

禿げそうだ。

   

    

  

禿げてもかわいい。

   

   

 

言っておくが、

作品ね。

自分のことじゃないゼっ。

 

  

| | コメント (8)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »