2009年2月25日 (水)

『サイト』2 ロビンちゃんになりたい

イサムの廉くん

 

稽古の真っ只中に、

今回出演していなかった由香(村上由香)に久しぶりに会って、

「どう?。」

と聞かれたので、

「難しい・・・。」

と、ため息をつくと、

「うへっ。

初めて聞いた。」

と、楽しそうに笑われた。

 

 

ロビンちゃんは、ギャル。

で、

すごくまともな事をたまに言う。

 

 

どう居るべきか、

私は整理がつかなかったんだ。

 

  

 

ロビンちゃんが現れてくれなかった。

 

 

本当の自分。

ハンドルネームの自分。

お客さんはどう見る?

偽っていることがばれている恥ずかしさ。

作家の狙いは?

私の考えは有り?

 

 

どうにもこうにも手が出なかった。

いつもの楽しい作業が、

今回はすごく苦しかった。

結びつけるのが難しかった。

まぁ、今思えば、

そういうのが、

かえって楽しかったんだけどね。

 

 

自殺願望サイトに書き込みしてみたり、

チャットに参加してみたり、

関係のありそうな映画を観てみたり。

 

 

そうこうしている間に、

感じたのは、

サイトの中では、

そこに見えているものは、

全て真実だってこと。

偽りも真実だってこと。

そして、干渉しすぎてはいけないってこと。

 

 

私は、

本当のロビンちゃんになろうと決めた。

 

 

私が見たいロビンちゃんになろう。

って決めた。

 

 

 

あとは、

楽しかった。

 

 

 

本当の自分とのギャップが欲しい。

本編に本当の自分の感情をちらつかせる必要は全くない。

だって、

サイト上の引きこもりっこの想像の中の人物なんだから。

最後にお客さんびっくりしてくれるかなぁ。

麗子(ひここもりっこ)と同い年の、

違う種類なのに、

どこか似ている友達にしたい。

友情。

私も仲良くなれるような。

そんなことで衣裳も選んだ。

(お耳と尻尾は自分で付けたんだよ。)

 

 

109のお店も詳しくなった。

ギャル雑誌のモデルの名前も結構覚えた。

クラブにも行ってみた。

渋谷で変態のように女の子を見ていた。

よくわからんから、

無駄なこといっぱい。 

 

 

はじめは、

ロックなかっこいいギャルが前を横切ったんだけど、

いつの間にか私の前にしゃがみこんでいたのは、

あんな感じのゆる~い女の子。

ロビンちゃん。

 

 

こんにちは。

はじめまして。

ロビンちゃんみたいな子も、

時には真剣に考えて、

時には真剣にキレたりする。

キャラ?

くそくらえです。

そう。人間。それだけ。

 

 

いろんな映画を観ているうちに、

『電車男』の山田孝之にノックアウトをくらった。

 

 

大ファンになってしまったよ。

 

 

心が震えるくらい、

本物じゃん。

 

 

私もこんな役者になりたい。

その役の真実になってしまいたい。

そう思った。

 

 

で、

影響されて、

長~い黒髪を切る覚悟で、

金髪にした。

安易でしょ?

 

 

通し稽古は全部、

金髪で衣裳着て、

付けまつげ付けてやった。

ぶっちゃけ、

そうでもしないとやる自身がなかったんだ。

 

 

 

でもさ、

意外と金髪いいよ。

 

 

だって、

黒髪より、

ご飯粒がめだたないみたい。

 

 

 

 

| | コメント (8)

2009年2月24日 (火)

『サイト』1 ロビンちゃんになりたい

 

 

 

公演前は、

たいていダイエットをする。

お客様の前で、

キレイでいるべきだから。

 

 

今回も、

ダイエットしてたら、

『ガリガリ過ぎる』

と、私のビジュアルコーディネーター福田奈実に注意された。

ので、

太ることにした。

 

 

あのね、

衣裳が衣裳だったから痩せたかったし、

ギャル細いじゃん。

でもね、年取ると、

細いとギスギスしちゃってね。

私のやってた役が、

あほっぽくてね、

ぽっちゃりしてた方がかわいいかな。

ってのもあったのね。

 

 

「凛!また食べてんの!?」

と、真樹めぐみさんにちょくちょく突っ込まれながら、

「ふぁい。役づくりれふ。」

と、ハンバーガーやら何やらくわえていた。

 

  

 

『役づくり』?ってなんだ?

『役づくり』か・・・。

なんかかっこいいなぁ・・・。

好きなだけ食えるし・・・。

 

 

おかげで3キロ戻ったんだけどね、

ほら、

私、お芝居やる2時間前って、

絶対、物を食べないのね。

ご飯食べるとますますアホになるから。

いや、今回はアホでいいんだけど、

そうじゃなくて、

感覚がアホになっちゃうのはイヤだからね。

 

 

劇場入りから初日開くまでなんて、

休憩時間短いからね、

ご飯食べる時間ないから、

また痩せちゃってね・・・。

 

 

仕方ないから、

ほっぺにティッシュつめたら、

「凛!

バカだね~。

歌えるわけないでしょ!」

と、真樹さんに突っ込まれ、

あさはかなことこの上ない、

ティッシュ作戦は失敗に終わった。

  

 

はっ。

シリコン!!

 

 

・・・宍戸錠になりたいわけではないわ。

 

 

 

| | コメント (4)

2009年2月23日 (月)

『サイト』終演

  

『サイト』をご観劇いただきまして、

本当にありがとうございました。

 

 

おかげさまで、

無事に千秋楽を迎えることが出来ました。

 

てなわけで、

また一つ舞台が終わってしまった。

 

寂しく劇場で荷物をまとめていると、

意外と持って帰るものが多くてね。

 

  

荷物が、

パンパンで、

どうしても入らなかったから、

BOXティッシュを小脇に抱えて、

電車で帰って来た。

  

 

 

 

電車に乗ってた皆さんは、

さぞかし、

すんごい花粉症なんだろう。

と思ったね。

きっと。

 

 

| | コメント (8)

2009年2月19日 (木)

いっぱい

自分で言うのもなんだけど、

要領が悪い。

 

 

要領が悪いというか、

どこかに大きな穴があいているとしか思えないほどの、

ポロポロ加減だ。

 

 

劇場に入る前に、

コンビニでオニオングラタンスープを温めてもらった。

 

 

楽屋に入り、

荷物をおろすと、

オニオングラタンスープは、

温めっぱなしで置いてきちまったことに気づいた。

 

 

仕方なく、

取りに行く。

 

 

「いや~、

無駄足だね~。

どうしてこうなっちゃうかな~。」

なんつって、

楽屋に帰って来て、

ご飯食べ始めたら、

スープこぼして、

ティッシュ買いに、

もう一度コンビニに行った。

 

 

 

全てをやり直したい。

もう一度。

 

 

 

と、

思う瞬間だ。

 

 

容量の少ないところへ、

今は『サイト』で頭がパンパン。

そりゃぁ、

オニオングラタンスープも忘れるわっ。

 

 

 

私はしつこいたちなので、

初日が開くまでは・・・

いや、

楽日の幕が下りるまでは・・・

もう、何も入らないわ。

 

 

今日は、

一足先に初日の幕が開いた月組の、

オーバーチュアーで、

緊張して、

オエってなった。

 

 

 

明日の私は、

オーバーチュアーが流れたとき、

いったいどうなっているんだろう。

 

 

想像しただけで、

ナマコにでもなってしまいそうだ。

 

 

まぁ・・・、

初日ってそんなもんだ。

・・・多分。

 

 

 

そんなもん』がどんなもんかわからない?

私もわからないわ。

だからってわけでもないけど、

『サイト』観に来てね。 

 

| | コメント (18)

2009年2月17日 (火)

苦い思い出

『博品館』にやってきたよ。

 

 

歴史を感じる劇場で、

舞台から客席を眺めても、

心躍る感じ。

というよりは、

キリッと厳粛な気持ちになる感じだ。

 

 

 

この劇場は、

私は2回目で、

前回は、

黒人の少年役だったのね。

 

 

女の子が少年役をやるときは、

胸をつぶしたりするんだけど、

私はあのとき、

タンクトップにシャツっていう衣裳だったんだけど、

少年役なんて、

もちろん初めてで、

胸のつぶしかたなんか知らないから、

ノーブラでぷらんぷらん出たんだけど、

誰にも何にも言われず、

誰も何も気にもとめてなかったことに、

軽く傷ついた、

ちょっと苦い思い出がある。

 

 

 

だけど、

ロビンちゃんは、

元気に行くのだ。

 

 

素敵な作品だから、

『サイト』観に来てね。

 

 

| | コメント (4)

2009年2月 8日 (日)

ロビンちゃんだっ

今度の私がいただいた役は、

『ロビンちゃん』って、

自分でちゃん付けな役なんだけど、

 

 

 

今日ね、

電車の中に、

ロビンちゃんがいた。

 

 

 

私は、

嬉しくなって、

その子から目が離せなくて、

ちょっとした変態みたいだった。

 

 

あまりにイメージ通りの子だったので、

握手してもらいたかったけど、

「なぜだ?。」

と聞かれたら、

本当に困るので、

ぐっと我慢した。

 

  

渋谷駅に着いて、

「どうかここで降りて!ロビンちゃん!。」

と強く願ったけど、

何気に次の恵比寿で降りたので、

ちょっとがっかりしてしまった。

 

 

毎回恒例の、

舞台本番前の美容院に行った。

美容院難民だった私は、

すっかり小倉さんのもとに腰を落ち着けたらしい。

 

最近ではもう、

話しやすいし、

なにより、

毎公演のイメージの髪型を、

楽しんでくれるようになった小倉さんは、

今回は特に楽しそうに髪型を変えてくれた。

 

 

ここまでくると、

この人とずっとやっていけそうだと思う。

 

 

あぁ、

どの鏡をのぞいても、

ロビンちゃんがいる。

 

 

 

| | コメント (10)

2008年12月16日 (火)

『サイト』

今度は、

『サイト』って舞台に出ます。

 

 

私の役は、『ロビンちゃん』。

 

 

『ロビンちゃん』て、

言っとくけど、

『ちゃん』は最初から付いてるのね。

そんでもって、

バレリーナのかこうで出るわけじゃないよ。

(あ、知ってる?ロボコン)

 

 

 

多分・・・。

 

 

 

前回とは演出家も違うし、

出演者も変わってるし、

衣裳さんも違うから、

絶対とは言い切れないけど、

  

  

  

多分・・・。

  

 

 

まぁ、

演出家に着ろと言われれば、

何でも着ますよ。

着ますけど・・・。

   

  

  

多分・・・。

 

   

 

もし、衣裳がバレリーナだったら、

竹本さんと話し合わなきゃいけないわね。

 

 

 

 

私ね、

なんだかこの作品、結構忘れてて、

昨日の顔合わせで、

オケを聞きながら台本読んでたら、

泣きっぱなしだったのね。

隠れて。

 

 

  

あれっ。

こんな感じだったかしらね・・・。

 

 

  

前回と今回では、

同じ役をやってる役者は、

2人しかいないんだそうな。

これ、珍しい。

 

 

だから、

どうなるかわからない。

私も楽しみっ。

 

 

今日から、

北浦和の極寒の稽古場で、

いよいよ稽古も始まったよ。

 

 

 

2月はもっと寒いけど、

温かいかっこうで、

お銀座に観に来てねっ。

 

 

| | コメント (4)

2008年12月 6日 (土)

コーラよりも大きく

ミュージカル座にも、

ファンクラブというのがあって、

今日は、

皆さんに感謝したいんです。

っていうお祭り。

『ファン感謝祭』の日。

 

  

公演は、

ファンクラブの方、

そして、

ファンクラブじゃないけど、

観劇して下さる方など、

そんな皆さんに支えられて出来るものでね。

お礼がしたいのよっ。

 

 

多分よほどの用事でもなければ、

降りることは無いであろう、

七つの浦和の中の一つ、

『北浦和』。

に、

 

 

よほどの用事ってことで、

降りていただき、

『ミュージカル座』の稽古場にご招待。

この、一見迷惑にも見えるご招待ではあるが、

感謝をさせていただこうと、

祭り気分で、

立ちこぎの自転車で、

稽古場に行ったんだけど、

 

 

 

返り討ちとでも言いましょうか、

かえって、

やる気と元気と勇気を

いただいて帰って来た。

そんな状態だった。

 

 

 

ありがとうございます。

そして、

いただいてばかりで、

ごめんなさい。

 

 

コーラの飴よりも、

大きな愛を込めて、

私、毎日を過ごすね。

 

 

 

| | コメント (12)

2008年11月16日 (日)

新潟の『三人の花嫁』

『三人の花嫁』終了~。

ただいま~。

 

 

いいね。

地方公演。

 

 

長岡のお客様も温かくて、

たくさん笑って、

たくさん泣いてくれた。

 

 

もう、いろんな場所、

いろんな環境、

いろんな状況で、

何度もやってきた作品だけど、

素明かり(暗転も無し、特別な照明無し)の

舞台は初めてで、

いつもは強い味方になってくれる照明無しでさ、

めったなことではお客様の顔を見ない私も、

さすがに今回はお客様を見ずにはいられない状況だったけど、

それでかえって良かった。

 

 

猛烈にお客様の反応が楽しかったよ。

 

 

新潟と言えば・・・

これ。

 

日本酒~。

私、見かけ倒しでして、

あんまりお酒強くないの。

普段、日本酒なんか絶対飲まない。 

 

 

これ、

まだ一滴も飲んでないのに、

ぺろんぺろんに見えるのが不思議ね。

   

 

でもね、

なんてったって新潟だからね。

せっかくだからいただいた。

 

  

ら、ビックリ。

おいしいったらないんだ。

 

 

なんと、

この後、

この瓶、

ほとんど私一人であけました。

 

 

恐るべし、

新潟。

 

 

しかし私、

ご存じの通り、

食べる方が得意。

 

 

公演終わって、

輪をかけて顔がだらしないのもあるけど・・・、

 

  

がっかりするくらい、

嬉しそうでしょ?

 

 

 

美味しい新潟ご飯いただいた後、

このおそば、

2ざるいった。

 

 

お豆腐には、

腰抜かした。

うまくて。

 

 

お煎餅には、

ひざまづきたくなった。

 

 

全然違う。

うますぎっ。

 

 

やっぱさ、

お水とお米が違うのね。

  

ちょっと、

やめて下さいっっ。

 

 

あ、ごめんね。

 

 

  

私、

もうこっちでお豆腐とお煎餅買って食べたくない。

 

 

生意気でしょ?。

 

 

で、

今回の公演で学んだ。

 

 

新潟のイナゴは、

世の中で一番生意気で、

よそでは生きられない、

かわいそうな生き物だわ。

日々、勉強。

 

 

| | コメント (8)

2008年11月11日 (火)

言わないで

最後の通しを終えて、

最終調整。

 

  

もう少し。

もう少しで完成だ。

 

  

私達の出来る限りのことはやったつもり。

間に合ったかしら・・・。

 

 

後は、

衣裳やら、照明やら、

お客さんの反応、空気。

私達の感覚、

私達。

信じて楽しむだけだ。

 

 

 

演出をやってくれている梅ちゃんが言った。

「ここまではかわいく素敵でいて。

で、

ここからは捨てていただいて。」

 

 

 

梅ちゃん・・・、

 

 

何を。

何を捨てろと言うのですか?。

 

 

 

 

ううん。

言わないで。

なんとなくわかっているから・・・。

 

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧