2007年7月 5日 (木)

バカ殿日記13

トランペットを吹いて、

唇が真ん中だけ赤く腫れ上がろうが、

チョンマゲが落ちようが、

んなこたぁ、

もう、どうでもいいよ。

 

 

 

また、生えてくるしさ。

 

 

 

 

最近の悩みは、

今やってる曲はね、

吹いてると、

歯医者で麻酔打ったみたいになるんだ。

 

 

水飲もうとしたら、

水が私の意志とは別に、

ピーって出ちゃうみたいな。

ピーって。

 

 

 

麻痺しちゃって、

1曲唇がもたないんだ。

 

 

 

『ファンクラブイベント』までに、

間に合うのかしら(-公- ;)。

 

 

 

  

水芸で勘弁してくれないかしら。

ピーって。

  

明日相談してみよう。

 

 

 

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

バカ殿日記12

『ファンクラブイベント』のため、

再び楽器稽古。

 

もちろん私はトランペット。

みんな、自主練中。

 

 

 

私は柱の陰から,

山根(山根三和)がドラムを叩くのをじっと見る。

じーっと見る。 

 

 

 

 

目ぇ痛ぇ。

目ぇ痛ぇ。

瞬きして。瞬き。

 

 

 

かっこいいなぁ。

山根(。-_-。) 。

 

 

  

・・・右手と左手、

おっかけっこしてグーチョキパー出来ないしな・・・。

途中で左手が、『OK!』って手になっちゃうんだ。

 

  

全然『OK』じゃねぇっつぅの。 

 

 

 

 

 

 

奈実(福田奈実)がベースを弾く前で、仁王立ち。

 

 

 

 

 

しばらく仁王立ち。

 

 

 

 

 

 

ずっと仁王立ち。 

 

 

 

 

 

 

かなり仁王立ち。

 

 

 

 

 

え?。

いいの?。

弾かせてくれるの?。

 

 

 

 

なんで弾きたいの分かったんだろう?。

お前、凄いな。

 

 

 

 

うわ。

音符いっぱい。

結構大変だなぁ。

これやってたのかぁ。

一公演乗り越えたのか・・・。

凄いな。奈実。

 

 

 

 

私は帰って来て、

久しぶりにギターをケースから出した。

ちょっとだけ触ってみる。

 

 

 

 

やっぱり、

これ、弾けるようになりたいな。

 

 

 

  

おい。

私、今日、トランペット練習したのか!?。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←ちっともバカ殿じゃないけど、今日も押してね。

 

 

| | コメント (16)

2007年6月 9日 (土)

バカ殿日記11

私は、ギターが弾けるようになりたい。

かっこいいしね。

 

 

公演でも、

ギターを弾くつもりで、

ギターを買った。

 

 

だけど、

トランペットを吹いていた。

唇を腫らしながら。

 

 

後半の私は、

唇も腫れることなく、

どちらかというと、

楽しくノリノリもいいとこで、

トランペットを吹いていた。

 

 

多分、

お客様の中で、

 

「あら。

あんなとこに、バカ殿がいるわ。」

 

と思ったお客様は、

いなかったと思う。

もしかしたら、

チョンマゲとか期待していたら、

大変申し訳ないと思うんだけどね。

 

 

 

そこまで私も、アレじゃないんで。

 

 

 

松木さん(音楽監督)が言うには、

私は、トランペットにむいているんだそうだ。

しかも、

 

「絶対、ギターより向いてるよ。

トランペット続けな。

ギターやめて。」

 

なんて、言われた。 

 

 

 

聞いてないだろ。

私のギターを。

聞いてから言ってくれ。

 

 

 

まぁ、

今は・・・

聞かせられないけどね( ̄ー ̄;。

 

 

 

公演が終わったら、

ギターをやろうと思っていたけど、

7月のイベントでは、

またトランペットを吹くらしいから、

少しお預けだ。

 

 

トランペットは、

目立ちたがり屋の脳天気がむいてると聞いたことがあるけど、

本当かしら。

 

 

唇の腫れなくなった私は、

もう、バカ殿ではなく、

ただの脳天気なバカだったとしても、

このカテゴリーは一応存在させておこうかと思っている。

 

 

『バカ日記』じゃ、切ないから。

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←どうも、「バカです。」今日も押してね。

 

 

| | コメント (6)

2007年5月21日 (月)

バカ殿日記10

楽器稽古が終わって、

何気なく鏡をのぞき込んだ。

 

 

 

あっ。

 

 

 

 

唇が腫れてない。

 

 

 

 

もしかして・・・

私は・・・

バカ殿を・・・ 

 

 

 

克服したのかもしれない・・・。

 

 

 

 

間に合った!。

間に合ったんだ!。

本番に間に合ったんだ!!。

 

 

  

神様、

ありがとう。

 

これで私、

2ステージの日も、

バカ殿の顔でアイリーンをやらずに済むのね!。

 

涙が出ちゃう。

女の子だもん。

 

 

 

 

「あ、ホントだ。腫れてない。

・・・不思議だね。

凛ちゃん遠くで見たときは、

今日もバカ殿だなって思ったのに、

近くで見ると、バカ殿じゃない(^_^)。」

 

 

 

おい。

私の身に、何が起こってるんだ?。

 

 

 

ってこたぁ、

お客さんは遠くで観るわけだから、

全員にバカ殿に見えてるってことじゃないの?。

 

 

 

 

なに、この、

どうしようもないミラクル。

  

  

 

 

ポトっ。

 

 

 

あー、落ちろ落ちろ。

どうせ、チョンマゲあろうが無かろうが、

私は「バカ殿」なんだろヽ(`Д´)ノ ?。

 

 

続く。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←だけど・・・生えてきてね。今日も押してね。

 

 

| | コメント (4)

2007年5月11日 (金)

バカ殿日記9

本番も、この並び順なのかしら。

いつも私の隣は、

右隣に、トランペットの梅ちゃん(梅沢明恵)。

左隣に、トロンボーンの福ちゃん(福地洋子)。

 

 

休憩時間に、

福ちゃんと楽しくお話してたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

「どこ見てんのよ。」

 

「あっ。」

 

 

 

 

 

“青木さやか”ばりの私。

そして、

動揺を隠せない福ちゃん。 

 

 

 

そう、

話しながら、福ちゃんの目線は、

明らかに、

さっきまでトランペットを吹いていた私の、

真ん中だけ腫れた唇に注がれていた。

 

 

それはまるで、

“胸元の大きく開いた服を着ているOLと話しているおじさん”

ばりの目線だった。

 

 

 

 

気になるのだ。

そして、ついつい盗み見てしまい、

その視線を指摘される。

 

 

  

 

つらい。

つらすぎる。

私が、そのOLと話すおじさんだったら、

丸の内のモグラにでもなってしまいたい気分だ。

 

 

 

やっぱりみんな、

口に出さないけど、

そんな目で私のこと、盗み見てるのね。

「こいつホント、バカ殿だな。」って・・・。

 

続く。

      

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←チョンマゲ落ちなかったけど、今日も押してね。

 

 

| | コメント (14)

2007年5月 4日 (金)

バカ殿日記8

おい。

なんだ、このトイレ掃除アイテムは。

スッポンてやんのか?。

スッポンて。

 

なに?。

これをトランペットに使うと、

面白い音が出るのか。

 

そうであったか。

しかし、そんな余裕は私には・・・。

いや、弱音は言うまい。

 

 

  

  

 

なに?。

これも付ける。

 

いや、断る。

それどころではない。

 

なに?。

これをトランペットに付けると、

かとちゃんがストリップを始めそうな音になる?。

 

うーん。

それは魅力的だ。

了解した。

 

 

  

  

 

おい、

これは私の楽器ではないぞ。

 

なに!?。

この楽器も私が演奏するのか?。

この

「トランペットの、食いしん坊の太った従兄弟」

みたいな楽器をか?。

 

聞いてないぞ。

なに!?。

ぶつけるな?。

絶対にぶつけるな?。

曲中で楽器を取りかえるというのに、

ぶつけるな?。

 

 

  

 

何をバカなことを。

トランペットだけでも、

いくつチョンマゲを犠牲にしているのか、

わかっておるのか?。

 

それを、

こんなに道具を増やし、

楽器チェンジなど!。

 

さらに、

絶対にぶつけるな?。

 

 

  

 

 

  

 

ポトっ

 

 

 

おい。じい。

チョンマゲが落ちた毛穴から、

煙が出てきたが、

これはまさか、

最後のチョンマゲだったのではあるまいな?。

 

 

チョンマゲが生えてくればつづく。

    

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←生えてこなくても、今日も押してね。

 

 

 

| | コメント (6)

2007年4月19日 (木)

バカ殿日記7

サックスの音色は悲しくてセクシー。

 

    

 

 

今回の新しい曲のトランペットだって、

なんだか、やらしくて良い。

  

   

   

   

そうか。

いろんな顔があるのね。

   

   

  

  

快活なイメージがあったけど、

時に、トランペットって子は、

色っぽかったりするんだね。

 

 

 

だけど、私の音は、

まるで、

 

 

 

 

  

とうふ屋だわ。

 

 

 

 

 

ポトっ。 

 

 

 

 

続く。

      

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ← いらっしゃいませ・・・。お豆腐いかがですか?。

 

 

 

| | コメント (10)

2007年4月13日 (金)

バカ殿日記6

山口百恵さんは、

マイクをステージに置いて、

最後のステージを降りた。

 

それは、

これまでの、これからの、

潔ぎ良く、強い覚悟だ。

 

 

 

 

私も、今ここで、

そっとチョンマゲを置き、

走り去ってしまいたい。

 

 

 

そんな衝動にかられた。

 

 

 

だけど、

私は、まだ何もやってないじゃないか。

何の覚悟も、努力もしていないではないか。

逃げたいだけじゃないか。

ああ、そうさ!逃げたいよヾ(*`Д´*)ノ !!。

 

 

 

いや、

まだ、置けない。

まだ、チョンマゲは置けない。

 

 

 

大体、

こんな所で名前を出してしまった、

百恵さんに失礼じゃないか。

 

 

 

 

新しい楽譜がやってきた。

 

 

 

 

声も出ない。

何が分からないのかも分からない。

みんなが楽譜を見て音を鳴らし始めても、

私は、ただただ、

松木さん(音楽監督)の顔を見つめた。

 

 

 

私は心の中で叫んでいた。

「助けてください!!。

助けてください!!。」

稽古場の中心で叫んでいた。

 

 

 

「凛ちゃん、そんな情けない顔しないで(^_^;)。」

私の心の叫びは松木さんに届いていた。

だけど、

だけど、何をどう、助けて欲しいかなんて、

言葉にできるほど、簡単な事じゃなかったんだ。

 

 

 

それでも、

本番は、やってくる。

毎日一歩ずつ確実に近づいてくる。

私は戦った。

新しい楽譜と戦った。

 

 

 

よし。

なんか分かってきたぞ(*゚ー゚)。

 

 

 

ふと視線に気付くと、

遠くのサックス隊の知佳(藤澤知佳)何か言ってる。

みんなの楽器の音で、聞き取れないけど、

知佳の口が、こう動いた。

 

 

「ば・か・と・の・み・た・い」

 

 

 

(○Д○;)!!

バカ殿みたい。

確かにそう動いた。

 

 

 

私の唇はいつもより余計に赤く腫れていた。

見事に真ん中だけ。

 

 

 

 

今朝、起きたら、

私の唇は、

真ん中にしこりがあるみたいに硬くなっていた。

 

 

 

やっと気付いた。

私はやっぱり、

夢見たアンジェリーナ・ジョリーみたいにはなれなのかもしれない。

本当にバカ殿になっていくのかもしれない。

  

 

 

 

どこに行くの?

アイリーン。

 

続く

 

 

 

     

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←きっと明日は!。今日も押してね。

 

 

 

| | コメント (8)

2007年4月 1日 (日)

バカ殿日記5

自分の歌を録音したモノを、

聞いたことがあるだろうか。

 

 

すごーく嫌なものなんだけど(私はね)、

すごーく大事なんだ。

がっかりするんだよね。

そして、現実と戦う。

 

 

この一月、

私達はゆっくりだけど、

着々と成長してきたと思う。

演奏者としてね。

  

 

 

なんて言うのかな~。

楽しくなってきたんだよね。

曲を演奏することが。

ふふ。

 

 

なんて言うのかな~。

実際、楽しいんだよね。

いろんな楽器が奏でる、

いろんな音も聞きながら演奏できるようになって。

ふふ。

 

 

なんて言うのかな~。

楽しみなんだよね。

あと2ヶ月後には、

本当にお客様の前で、

演奏できるまでに、

なっちゃうんじゃないかと思って。

ふふ。

 

 

 

私達は、

一歩一歩、手を取って、一緒に階段を上がっていく。

そして、他にない連帯感が生まれていく。

 

 

 

初めてもらった曲、

『M3』の録音。

今後、これが、稽古に流すオケになるの。

 

  

   

  

「緊張するね(。-_-。) 。」

 

「うん。吐きそうだよ(。-_-。) 。」

 

キャッキャ。

 

 

 

 

録音開始。

 

 

 

 

「あ~、失敗しちゃった(>_<)!!。」

 

「まちがった。あそこだけ、まちがった(>_<)!!。」

 

 

 

間違った。

そんなことは、どうでもいいさ。

私達は、なんだかんだ言いながら、

楽しかった。

ちょっとしたミュージシャンになった気分だ。

 

 

  

 

「聞いてみようか。」

 

「えーーーー!!(>_<)。」

 

キャッキャ。

 

  

 

 

少し照れながら、

ワクワクする私達。

音楽が始まる。

(。-_-。) (。-_-。) (。-_-。) (。-_-。)

(。-_-。) (。-_-。) (。-_-。) (。-_-。)

 

 

 

 

 

  

 

  

  

  

 

ポト。

ポトポトポトポトポトポトポト。

 

 

 

 

合計、8個のチョンマゲが床に落ちていた。

 

 

つづく。

 

 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ← そう言えば、エイプリルフールだからって、嘘つく人っていなくなったね。今日も押してね。

 

 

 

| | コメント (6)

2007年3月19日 (月)

バカ殿日記4

初めての楽譜が来た。

キタキタ。

ミュージシャン気分が俄然あがる。

 

 

とりあえず演奏してみるが、

ジャズのリズムは難しく、

楽譜の意味がわからない。

楽譜の読み方を教わったけど、

・・・なに言ってんのさ。

 

 

 

周りを見渡せば、みんな、

土気色の顔で口を半開きにした、

モアイ像の群れみたいになっている。

 

 

「チョンマゲ落ちてるよ。」

と知佳(藤澤知佳)に声をかけられ、

私も、我に返る。

 

 

 

バカ殿ユカ殿は、

同じパートなので、いつも隣同士。

 

 

 

一人に一つの譜面立て。

だけど私達は、どうしても身を寄せ合って

一つの楽譜を二人で見てしまう。

そばにいないと、

自分を見失ってしまいそうで。

 

 

現実逃避で周りを見渡せば、

気がかりなことが一つ。

 

 

何故、

私の楽器以外、全員ゴールドなの!?。

私一人シルバーじゃないの!!。

 

 

 

「松木さん(音楽監督)!!。

私一人、格下に見えませんか(ノ_・。) ?。」

 

「そんなことはないよ。

あ、・・・ホントだ。

一人だけだね。」

 

「松木さん・・・(ノ_・。) 。」

 

 

金か、銀か。

だって、金か、銀かだよ?。

どっかの国では、

金メダルか銀メダルかで、

その後の人生が雲泥の差だと言うではないか。

まぁ、トランペットが金になったからって、

私の暮らしが楽になるとは思ってないけどね。

 

 

へたっぴは、こういう細かいことが気になるものだ。

 

 

私の隣では、

「音を外した。」

と言って、本気を出したのか、

ユカ殿が、

たった一人、立ち上がってトランペットを吹き始めた。

 

 

立って、音が外れなくなるのかは疑問だが、

確かに、やる気には見える。

 

  

立ち上がったことにより、

間違ったらもっと目立つけど、

ユカ殿は、

それでも仁王立ち。

そんな君に乾杯。

 

 

立ち上がって吹くトランペットが、

金色なのが、やっぱりちょっとイラっとするが、

私は、

この人が、この世に生まれてきてくれて、

本当に良かったと思っている。

心から。

 

 

 

今日は、ユカ殿の誕生日。

 

 

この人については、

また今度、ゆっくり。

 

 

    

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ←今日も押してね。

 

 

| | コメント (10)

より以前の記事一覧